Top
週末日記 7月22日 鯉釣り 側対ムーブ
2018年 07月 23日 *
c0087773_20310586.jpg
コイの強烈な引きを体感する娘




7月22日(日)

土曜は仕事。
暑いけど、日曜は朝から遊ぶ。

まずは魚釣り。
昨年の秋以来のコイ釣りに出かける。
前回は娘と二人だったが、今回はヨメさんも同行。

同じ様にパンプカ釣りで。
コイはたくさん泳いでいるが、なかなか食いつか無い。
1時間ほど粘り、撒き餌の食パンの耳が無くなりかけたところでようやくヒット。

強烈な引きに右往左往しつつ、30分程かけてようやくタモに収めた。
前回の70cmよりサイズアップして、80cm近い大きさだ。
重くて、引き上げる時にタモの柄を折ってしまった…。

一匹釣り上げれは十分満足。
初めて同行したヨメさんもかなりテンション上がっていた。
家族みんなで一つのモノ事に対峙する。いい時間です。
でも疲れるから、コイ釣りは時々でいいや。


ヨメさんが撮影した取り込む時の様子。

------

ちなみに、今回コイ専用のルアーも用意してみた。
メーカーのサイトには、鯉の鼻先に落とすだけで食いついてくると書いてあった。
でも、私のキャスティング技術ではムリでした。
いつかこれで釣り上げてみたい。

※※※※

昼からはGROTTOへ。

娘もヨメさんも、先週から緑色のテープ課題を触りだした。
簡単な方から、オレンジ→黄緑→緑となっている。
GROTTOでは段級グレードの表記は無いが、緑で8~7級くらいなのかな?

黄緑までは、身体の柔らかさと手の小ささを活かして、正対でほとんどのホールドをマッチ(両手持ち)してクリアしてきた。
でも、緑はホールド間隔が遠くなり、小さいものも増えてきたので、届かない&マッチ出来ない。
とくに、身長125cmのリーチの短さが顕著に出てきて、一気に登れなくなった。

と言うわけで、少しでもリーチを稼ぐために、側対ムーブ(フリ)を教えてみた。


すでに登れる黄緑5を側対ムーブを交えて。
まだぎこちないが、ちょっとそれっぽくなって来たか?

------


つま先起点で足を返す練習のために、スタッフのオプロさんがショートリーチのクロスムーブ課題を作ってくれた。

------

毎回完登課題が増えてきた今までと違って、初めて味わうちょっとした壁。
まだムーブの意味も理解出来ないままの練習なので、あまりおもしろく無いようだ。
楽しみながらどう練習させるか。これが私の課題か?


by daisuke_youmei | 2018-07-23 20:45 | 釣り *
<< 雑魚テンカラ。 ページトップ 週末日記。 7月14日~16日... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析