Top
週末日記 6月30日・7月1日 味真野扇状地ポタとボルダリング
2018年 07月 04日 *
c0087773_20285411.jpg
治左川の梅花藻群生地にて




6月30日(土)

天気予報がイマイチなので特に計画は立てていない。

朝起きると意外に良い天気なので、とりあえずサイクリングに出かける。
蒸し暑いので、半袖&短パンにサンダル履き。

涼を感じたくて、味真野の「治左川」に向かう。
流れに揺らめく梅花藻はまだポツポツと咲くだけ。見頃にはまだちょっと早いか。

普段は出勤前の短い時間で訪れるので、いつもここで折り返している。
今日は気になっていた治左川の上流へと向かってみよう。

川は道を離れ、工場の脇から流れてくるので、直接は進めない。
方向の見当をつけてぐるっとまわりこむと、「若宮御清水」と書かれた池があった。
岩の隙間からキレイな水が湧き出ていて、ここが治左川の水源になるのかな。
意外と近かった。

------

ところで、味真野は「浅水川」が創りだした扇状地上に発達した町だ。

自転車で走っても、住宅が密集しているので扇状地らしい地形は感じにくい。
しかし、最近マイブームの「地理院地図 自分で作る色別標高図」で見てみると…。
c0087773_20295251.jpg
見事に縞々が現れ、一目瞭然に扇状地。

先ほどの「若宮御清水」から扇頂方向に目を向けると、周辺とは違う傾斜の坂道が見える。
この落差のおかげで、伏流水が地表に出てきたのかもしれない。

ちなみに、そこから先の「毫攝寺」付近までは「清水頭町」というらしい。
地名の由来は「清水が湧き出る坂の上」ってことなのかな?

------

味真野を離れ、鯖江方面へ。
湧き水繋がりで、定次町の「許佐羅江清水(こさらえしょうず)」に寄ってみる。
と、ここで突然の雨。
私自身は濡れても一向にかまわないが、カメラとブルックスの革サドルはマズイ。
スーパーの袋で防水をして帰宅した。

※※※※

昼からは家族でボルダリング。
毎週恒例、GROTTOへ向かう。

今までは一時間コースだったが、初めて一日コースで。
娘もちょっと物足りなくなってきたようだし、なにより一時間に詰め込むとケガが怖い。
アップ、クールダウンに十分な時間を割きたい。
コストは倍になるが、習い事代わりと考えれば安いものか。

今回はスラブ課題を楽しんでいた。
身長が足りず、ちょっとバランシーなゴールに苦労していたが、足の位置を工夫して対処していた。
フットワークもだんだん上手になってきた。

スラックラインを交えながら、二時間半ほどのんびり登って終了。


課題:黄緑1 カンテの小さな黄色ホールドがゴール

※※※※

7月1日(日)

午前中は地区の堤防の草刈り。
昼からは懇親会でビール飲んじゃって終了…。
せっかくの梅雨の合間の晴れだったのだが。


by daisuke_youmei | 2018-07-04 20:43 | その他 | Comments(0) *
<< 週末日記。 7月8日 娘のク... ページトップ 週末日記 6月23日・24日 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析