Top
山の日に白山へ。
2016年 08月 12日 *
c0087773_1513796.jpg




すっかり自転車ブログになってるけど、せっかくの「山の日」なんで山に行ってきた。
身近な涼しい山「白山」へ、久しぶりのお一人様山行デス。

※※※※

5:00 「市ノ瀬」到着。
晴天予報の連休初日、それも「山の日」。
大変な混雑を覚悟してたけど、近くの駐車場に停めれたし、バスにもすんなり乗れて拍子抜け。

5:50 「別当出合」を出発。
渋滞を避けるために「観光新道」をチョイス。
ほとんど人がいなくて、逆に熊でも出ないか心配になるほど。

「黒ボコ岩」からはソコソコの登山者。
8:10 「室堂」到着。

本日は「御前峰」はパス。
まだ行ったことの無い「お花松原」に行ってみる。

「大汝峰」の基部から「中宮道」へ。
この辺りの荒涼とした様子は、高山帯の雰囲気満点で大好きだ。
誰もいないのをいいことに、セルフで写真を撮るために行ったり来たり。(トップの写真)
あとで気づいたけど、大汝峰から丸見えだった(汗)

樹林帯のジグザグ道を急降下し、ほとんど雪の無くなった「ヒルバオ雪渓」を通過。
「お花松原」はどこかいな?と歩いていたら倒れた看板発見!
9:40 「お花松原」到着。

なんとなく知ってはいたけど、お花の盛りは終了の様子。
まぁ、花を目的に歩いてきたわけではないのいいけど。
かわりにデッカイ木苺がいっぱいなっていた。

ここで昼食にしようかな?とウロウロしてたら、Tシャツ内に入り込んだハチに刺された!
慌てて草むらから離脱して、「ヒルバオ雪渓」でランチタイム。

ここはなかなか良い雰囲気だ。
谷は開けていて、岐阜県側の展望もすばらしい。
靴の中が暑いので、裸足になってのんびりくつろぐ。
しばしの間、素晴らしい大自然を贅沢に貸し切る!!

登り返しを考えるとぞっとするが、人が来たのを期に重い腰を上げる。
「十二曲り」が楽勝に感じるほどのキツイ急登だ。
ハチに刺されたおなかが痛いなぁ…。

11:10 「大汝峰」の基部に戻ってきた。
本日の目的は達成したけど、帰るには少し早いので「大汝峰」に寄り道。

個人的には「御前峰」より「大汝峰」の方が好きだ。
展望も負けてないし、岩がちの登山道も楽しく、なにより人が少ない。
北アルプスの山々はモヤがかかってあまり見えないが、しばし景色を楽しむ。

「室堂」に戻り、冷えたジュースを購入、残りの焼きそばパンをかじる。
さすがにこの時間帯には人も多く、「山の日」の取材のためか、テレビ局のカメラも来ていた。

ボトルに水を補給し、炎天下の下山に備える。
下山路も「観光新道」を選んだが、ほんとに暑くて参った…。
何度も休みを入れて、結局登りと同じくらい時間がかかってしまった。

15:10 「別当出合」到着。
15:25のバスで「市ノ瀬」へ戻る。

c0087773_1513838.jpg
花はちっとも詳しくないが、マツムシソウ(下左)とチングルマの綿毛(下右)は好きだな。

※※※※

思い描いてた通りに『ほどよく』人のいない山行を楽しめた。
まったくヒトケの無い山は心配事も増えるから、この『ほどよく』がお気楽山行には大切なのだ(笑)
白山は「砂防新道~御前峰」のメインルートを避ければ、この『ほどよく』が楽しめる。
周りの白山ラヴァーのみなさんにはかなわないけど、やっぱり白山は一番好きな山だね。

それにしても、山をサボり過ぎて下山がヤバイ。
今回も脚が棒になって這々の体で降りてきた。
自転車ばかりだと、下山の衝撃に弱くなるのか。
登りはそんなに悪くないんだけど…。
by daisuke_youmei | 2016-08-12 12:32 | トレッキング *
<< 小梨平で避暑キャンプ2016。 ページトップ 川の流れから学ぶ。 ~天王川サ... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析