人気ブログランキング |


Top
秋の暴風雨キャンプ。
2014年 11月 04日 *
c0087773_21345072.jpg




すっかり秋も深まり、山登りもココらへんで一段落。
いよいよのスキーシーズンを前にして、この時期はちょっとのんびりした気分になるもの。
というわけで、三連休の日・月で山仲間と「まったり呑んだくれキャンプ」を計画してみた。
集まったのは、いつものkojiさんmieさんのM夫妻、ハラヘッ太さんファミリーとモッチー親子に我が家。
4家族で大人6人、子供5人の大所帯となった。

しかし結果的には、「まったり」とは程遠いキャンプになった(呑んだくれは成功)
天気予報から雨に遭うのは想定内のキャンプだったけど、雨の強さは想像以上だったのだ・・・。
なんとか雨の降る前にテントやタープを設営したんだけど、直後にものすごい暴風雨!!
kojiさん所有の年季の入ったタープの耐水圧をはるかに超える水が溜まり、あちこちでダダ漏れ~。
タープの下にいながらみんなで傘をさしてやり過ごした。

相談の結果、雨が小康状態になった隙にタープを撤収、しっかりした屋根のある炊事棟に移動した。
というのも、この天気のせいか広いキャンプ場は我々の100%貸し切り。
管理人のおじさんも好きに使ってくれていいよと。
多少風が吹き込むものの、薪ストーブ2つを焚いて快適な宴会を継続できた。

今回の献立は、大野の上庄里芋を使用した芋煮汁におでん、ホルモン焼き少々。
やはり寒い季節には汁物がありがたい。
アルコールは三種類の日本酒をはじめ、赤・白のワインにビールが並んだ。
貸し切りなので他のグループに気兼ねすることもなく、日が変わるまで宴は続くのであった。

ハラヘッ太さんとモッチーは今回初めてのファミリーキャンプ。
家族で寝れる大きなテントは持っていないので、キャンプ場でレンタルテントを借りた。
これがなかなかに渋いテントで、いわゆる「三角テント」ってやつ(もちろんワンポールテントじゃなくてね)
かなり苦労して張っていたんだけど、暴風雨でもれなく浸水。
おまけにM家のテント(これは自前のドームテント)がなぜか突風で吹っ飛んでペシャンコ!
コレ、本来ならちょっとヤバイ状況。
しかし今回のキャンプ場は立派なログハウス風の避難小屋が併設されていたのだ。
これも管理人さんから使用許可をもらっていたので、みんなで暖かい小屋内で寝ることができた。

炊事棟で宴会、小屋で就寝ではキャンプの雰囲気とは少し離れちゃうけど、ある意味記憶に残る一夜になったかも。
今まで雨のキャンプは何度も経験したけど、今回の暴風雨は最強だった。
子供たちも、「台風が来るとテンションが上がる」心理か?終始ハイテンション。
呑んでいれば良い大人とちがって、子供たちは雨が降ると遊べないかなという心配も杞憂に終わった。
子どもたちが楽しそうだったのがなによりだった。

ともかく、参加してくれたみなさんありがとう!!
また今回のネタを肴に宴会キャンプしましょ~。

----

ちなみに今回のキャンプ場は浄法寺山の登山口にある「浄法寺山青少年旅行村」ってところ。
いつも登山や黒岩クライミングで駐車場を利用してるけど、ここでキャンプをするのは初めて。
トイレや炊事棟もキレイで草も刈られてしっかリ管理さてれいます。
オートキャンプ場では無いのでサイトに車は横着けできませんが、駐車場は近いです。
本来焚き火の類は指定の場所でのキャンプファイヤーのみですが、今回許可をもらって薪ストーブを使用しました。
もし焚き火をしたい人は一応問い合わせてください。
なにより管理人のおじさんがいろいろ融通を利かせてくれてすごくいい人でした。
機会があればまた利用したいです。
by daisuke_youmei | 2014-11-04 23:01 | キャンプ *
<< 文殊山その他。 ページトップ 御在所岳 「前尾根」 2014 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析