人気ブログランキング |


Top
ハクノリ カラ オヤサワ ?
2014年 03月 17日 *
c0087773_21461053.jpg




先週に引き続き、3月16日(日)また白馬へ行ってきました。
今回は先週家族で楽しんだ栂池スキー場のさらに上部へ。
YAMAさん、TAKAGIさん、みっちゃんkojiさん、私の5人です。

-----

栂池高原スキー場からゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで「自然園駅」で下車。
この日の天気予報は午後から崩れる予報ですが、すでに雪が舞ってきました。
さっそく「天狗原」に向けて登り始めます。
1時間ほどの登りですが、カチカチのところや時折り吹く突風に一苦労。

やがて斜度が緩やかになり「天狗原」に到着です。
さらに「白馬乗鞍岳」を目指す予定でしたが、まったく展望は期待できないため割愛、次回に持ち越し。
「天狗原」を横切り、直接ドロップポイントの「親沢」源頭部へ向かいます。

相変わらずの強風を避けるように木陰でシールを剥がします。
ボンヤリ霞む広大な「親沢」へ滑り込みますが・・・。
しばらく滑って、どうやら「親沢」の一本北側、「山ノ神」の稜線を挟んだ「唐松沢」を滑っている!?
トラバース気味に進んで、なんとか「山ノ神」の稜線を越えようと試みますが、どうも上手くいきません。
諦めてシールを貼り稜線を乗り越えなんとか「親沢」に合流、前日のトレースを発見し一安心。

どうやら「親沢」の大半は終わってしまったよう。
滑り出してまもなくで登り返しポイントの「裏ヒヨ」出合についてしまいました。
再びシールを貼って緩やかな尾根を登ります。
谷底では忘れていた強風が、標高を上げるに従い再び襲ってきます。
やがて尾根上のピーク「若栗ノ頭」で登りは終了。

多くの記録はここから東の「黒川沢」に滑り込んでいますが、今回はこのまま尾根を滑りました。
細かいウェーブ上のヤセ尾根上を落ちないように・・・。
尾根の先に「白馬乗鞍スキー場」のリフト降り場が見えてきました。
あとはゲレンデを滑り降り、30分ほど車道を歩いて駐車場に戻りました。

----

みんなでルートファインディングしながらの山行は、ちょっとドキドキしつつも楽しめました。
そして人気のコースにもかかわらず、天狗原以降は誰にも会わない静かな山を堪能。
予想以上に天気の悪化が早く、残念ながらハクノリも素晴らしい展望もお預けでしたが大満足の山行でした。
みなさんありがとうございました!!
今度は晴れた日にリベンジ&テレマークで挑戦したいかも。

今回の様子をまとめた動画です。


そしてYAMAさんの動画はコチラで。
by daisuke_youmei | 2014-03-17 22:56 | スキー *
<< 寒の戻りまくりな越前甲。 ページトップ おっきな白馬のお土産。 ~合言... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析