Top
New Balance 「Minimus」
2014年 01月 06日 *
c0087773_21462933.jpg




あけましておめでとうございます。
昨年もたくさんの方たちにお世話になって充実したアウトドアライフを満喫できました。
今年もよろしくお願いします!!

-----

さて、最近はゲレンデばかりでブログネタが無いので、昨年マイブームだった「ミニマス」のことを書いてみようかなと。

New Balanceの「Minimus(ミニマス)シリーズ」、いわずとしれた「ベアフット系」のランニングシューズの一つです。
春にセールで「MT10」を入手、これで山道(長泉寺山)を走って以来、新鮮な感覚が病みつきになってしまった。
薄いソールから伝わる地面の凸凹がとても刺激的で、子供のころにズックで野山を駆け回っていたころを思い出すんですよね~。
すっかりハマって、ロード用も含めて現在3足所有(笑)

これがきっかけで、ミニマムな足元で軽快に楽しむのも悪くないなと思い始めました。
どっちかっていうと、なにごとも足元は固めたい人だったんですけどね。

ここまで読んでピンときたかもしれませんが、この影響が「BCクロカン」デビューに繋がってくるんですよ。
きっかけはウロコでしたが、徐々にミニマムなギアで雪の上を滑ってみたいって興味が強くなってきたのです。

結果は前回にも書いた通り。
シンプルなギアを通じて感じるダイレクトな刺激は、まさにミニマスに通じるところがあります。
ギアに頼れない分、自分自身の体の動きにしっかり向き合うって所も同じではないでしょうか。
正直、ランニングシューズひとつで、ここまで影響を受けるとは思っていませんでしたが。

そうそう。
もうひとつ、ミニマスの影響で買ったものがありますね。
四足目のクライミングシューズ、ファイブテンのスーパーモックです。
かなり柔らかく薄いこのシューズはフットワークの練習に最適みたい。
まだ使い始めて日が浅いので効果は?ですが、今年はこいつで足技を磨きたいです。

----

私も40代が目前に迫る年齢になってきました。
長年スキーを軸にいろんなアウトドアスポーツを楽しんできましたが、最近「そこから先はちょっと踏み込めないライン」ってのがなんとなく見えてきた気もします。
まあ、はっきり言って「楽しさ」や「好奇心」よりも「恐怖感」のほうが上回ってしまいそうなんですよね。
ありがちな話ではありますが、やっぱり家族や社会的な立場を考えてしまいます。
もう少しだけレベルの高いフィールドを覗いてみたいとは思いますが、その後はその範囲内でいろんなバリエーションを楽しむのもアリかなと。
ミニマスに出会えたおかげでそんな風に思えるようになりました。

最後に、昨年で一番影響をうけた映像を貼っておきます。
スキーでもクライミングでもなく、この映像が一番カッコよかった。



お金払って本編もみたけど、このティーザーのほうがインパクトあった。
そのうちミニマスで白山登ってみたい。
by daisuke_youmei | 2014-01-06 22:10 | 山道具 *
<< まったり系パウダースキー。 ~... ページトップ BCクロカンことはじめ。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析