Top
週末日記。 9月30日(土) 文殊山と初めての魚釣り
2017年 10月 02日 *
c0087773_19141385.jpg
自分で釣り上げた魚を眺めてご満悦の娘




※※※※

c0087773_19161043.jpg
飲み食いばかりで体を動かしていないので、久しぶりに文殊山へ。
今日はトレーニング!と思い歩き出すが、野鳥の鳴き声が聞こえると立ち止まってしまう。
ひときわ騒がしい方に双眼鏡を向けてみると、まだ青いアケビにメジロが集まっていた。
他に、木を突くコゲラや、大きな虫(スイッチョンかな?)を捕食するヤマガラなども。
あと頭の白い小鳥を見かけたがエナガだろうか?

気持よく晴れた山頂で朝食。
もうすっかり温かいコーヒーが美味しい季節になってしまった。
足元のキノコを探しながら下山。

※※※※

c0087773_19224727.jpg
帰宅後、ヨメさんと娘とで近所の川に魚釣りに出かける。
過去には何度か釣りをしたことはあるが、元釣り師の義父にすべてお膳立てしてもらっていた。
今回初めて自分で道具(1500円の初心者用セットだが)を揃え、自分たちだけで挑戦してみた。
結果は惨敗…。まったく釣れない(泣)
時間帯?餌?仕掛け?何が悪いかも全くわからず。

とにかく家族で遊ぶにはもう一本竿が欲しいので、ホームセンターで980円の延べ竿を追加購入。
夕方からポイントを変えて再挑戦。
幸い川際ばかりサイクリングしていたので心当たりはたくさんある。
餌もすぐバラけてしまう練り餌からご飯粒に変更。

ヨメと川の両岸に別れて糸を垂らすこと15分。
浮きがすっと沈み、そっと竿を立てると・・・釣れてる!
横で控えていた娘に網でキャッチしてもらい初収穫。
釣れた場所は水門前の小さな堰堤の落ち込み。
そういえば、アオサギがこういう場所でよく餌を狙っている。

その後も二匹釣り上げ、合計三匹の収穫。
そのうち一匹は、娘が釣り上げた(私が横で手を添えていたが)ので、かなり喜んでいた。
ちなみにヨメはボウズで、帰りはかなり娘にイジられていた(笑)

帰宅後釣れた魚を調べてみると、銀色の魚は「カワムツ」で茶色い方は「カジカ」だろうか?(追記:ドンコかも?)
魚は地方で呼び方がいろいろあるから難しい。

実は、翌日の夕方にも娘と二人で同じ場所に行ってみた。
釣果は1時間ほどでカワムツ6匹と、ちょっとコツを掴んできたかも。
今回は全部逃したけど、そのうち天ぷらか唐揚げにして食ってみようかな。
娘も食べてみたいって言ってるし。

----

仕掛けを調整したり、餌を変えてみたり、魚の居そうなポイントを想像してみたり…。
本格的な釣り師からすると子供だましだろうが、釣りの魅力を垣間見れた気がする。
ガッチリハマると大変なことになりそうなので、程々に楽しんでいけたらと思う。
なにより、私自身が子供の頃に経験できなかった魚釣りを娘にはぜひ体験しておいて欲しい。

by daisuke_youmei | 2017-10-02 19:35 | その他 | Comments(0) *
<< パパ・ママのためのアウトドア講座。 ページトップ 秋の家族キャンプ。 ~前阪キャ... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析