Top
新しいカメラを購入。 「PowerShot G9X」
2017年 08月 18日 *
c0087773_21025338.jpg




久しぶりに「防水では無い」デジカメを新調した。
パナソニックのミラーレスを買って以来だから、実に7年ぶりとなるようだ。
(その間に防水コンデジは3台買ってるが…)

今回初めてのキヤノンで「PowerShot G9X」というモデル。
1インチというコンデジにしては大きなセンサーを搭載したカメラで、近年一つのジャンルを築いている。
それなりに高価なので手が出なかったが、ボチボチ値段もこなれてきたので購入してみた次第。
ちなみに「G9X MarkⅡ」という後継機がすでに出ているが、プラス1万円の価値を特に見いだせなかった。

iphoneや防水コンデジ「TG-850」のペタンとした写りとは、やはり一線を画す。
背景のボケはもちろんのこと、大きなセンサーならではのダイナミックレンジの広さがスガスガしい。
先日の上高地キャンプの写真はすべてコレで撮ったが、ブログ用の小さな画像でも違いを感じられる。

c0087773_21025820.jpg

そして特筆すべきは、やはりこの写りをしてこのコンパクトさ。
手の平にすっぽり収まるサイズで、TG-850とほとんど同じ大きさだ。
重さに至っては、約209gとTG-850(218g)よりわずかに軽い。
登山時のカメラの定位置は左肩に取り付けたポーチなので、コレ以上大きいのはNG。
片手でさっと取り出して、気軽に撮影したい。

しかし、ズーム域が28mm-84mmと少し物足りなく、テレ端も暗め。液晶画面も固定式。
学校行事やキノコ・花の撮影にはこの辺が少し残念だが、これはコンパクトさとトレードオフだろう。
そこを求めるなら、大きさと重さと価格を上乗せして上位機種の「G7X MarkⅡ」を買うしか無い。

あと、その小ささゆえにメニュー操作のほとんどがタッチパネルとなっている。
今までダイヤル式やボタン式のカメラしか触ったことなかったが、意外に違和感なく使えた。
と言うか、ボタンを押してメニューを探すより、直接タッチする分早い。
普段からのスマホの操作が身についているからだろうね。

なんにせよ、スマホカメラ全盛の時代と言われつつも、着実に進歩しているデジカメには驚かされた。
(画質こそ劣るものの、防水カメラのTG-850だって素晴らしい性能だ。)

※※※※

そもそも防水・耐衝撃のコンデジばかり使うようになったのは、クライミングや沢登りなどの山行が増えたから。
最近のユルイ系の遊び方なら、防水・耐衝撃にこだわる必要も無くなってしまった。(山スキー以外は)

サイクリングやハイキング、家族旅行なんかにコレを持ち歩いて、多少はマシな写真を残せたらと思う。
写真なんてメモ代わり…と思いつつも、やっぱりキレイに撮れると気持ちいいからね。

by daisuke_youmei | 2017-08-18 21:22 | 山道具 | Comments(0) *
<< 週末日記。 8月20日(日) ... ページトップ 小梨平で避暑キャンプ2017。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析