Top
GW広島旅行。
2017年 05月 08日 *
c0087773_19424180.jpg





ここ数年、GWは家族で観光旅行へ行くことにしています。
今年の行き先は広島県。

※※※※

一日目 5月3日(水)

3:30自宅を出発。
北陸道→舞若道→中国道→播但道→山陽道を経て広島県へと向かう。
近年は本州西側に行くことが多かったので、すっかりお馴染みのルートだ。
しかし、山陽道に入ったところで事故渋滞に巻き込まれ、かなり時間を食った。
福井県から広島県まで11時間もかかった…。
予定の宮島は後日にズラして、一日目の宿を取っている呉市へ向かう。

まずは、「海上自衛隊呉史料館 (てつのくじら館)」へ。
巨大な潜水艦が屋外に展示してある。
入場は無料だが、内容は充実していてとても楽しめた。
閉所恐怖症の私は、絶対潜水艦には乗れないと思った…。

次は、呉市の看板施設?「大和ミュージアム」へ。
「てつのくじら館」の道を挟んだ向かいにある。
人によっては面白いのだろうが、個人的にはイマイチ興味が持てず、ざっと見て終了。

車に戻り、「アレイからすこじま」へ。
停泊中の潜水艦を見ることができた。

市街地のホテルにチェックイン後、夕食へ出かける。
適当な居酒屋でお腹を満たし、ワインバーへハシゴ。

----

c0087773_19324935.jpg
二日目 5月4日(木)

8時に呉市のホテルを出発し、広島市へ移動。
市街地に取った宿近くの駐車場に車を入れる。
我が家の車は立駐に入らず、手頃な値段で翌日まで利用できる駐車場を探すのに苦労した。(駐車料金3000円)
GW中はフラワーフェスティバルというイベントが開催されていて、一帯はお祭りムードだ。

早速「原爆ドーム」へ。
私もヨメも、もちろん娘も初めて実物を目にする。
戦争中、大きな爆弾が落ちて大勢の人が亡くなったと娘に説明した。
小1の娘に理解できるかなと思ったが、意外に真摯な顔をして話を聞いてくれた。
中高の修学旅行生より、素直な子どもの方が心に響くのかも?

広島城を見学して、昼食はお好み焼き。
福井で食べているものと変わらないでしょと思っていたが、想像以上にウマかった。

ショッピングをしながら適当に市内をブラブラ。
宿にチェックイン後、夕食にへ出かけた。
昼にビールを飲んだので、ワイン中心に楽しんだ。

ほろ酔いで、再び原爆ドームへ。
夜はライトアップされ、昼とはまた違った雰囲気だった。

----

c0087773_19325045.jpg
三日目 5月5日(金)

一日目に予定していた「宮島」へと向かう。
9時頃フェリー乗り場付近に到着するものの、近くの駐車場はすっかり満車。
徒歩で20分ほど離れた、個人宅の敷地内に駐車。
おそらく混雑時のみ商売にしているのだろうが、2000円も取られた…。(他はほとんど1000円)

駐車場以外は意外にスムーズ。
フェリーもかなり増便しているらしく、ほとんど待つこと無く乗船できた。

上陸後はもちろん「厳島神社」へ。
ちょうど干潮時間で、干潟を歩いて鳥居の近くまで行くことができた。
反面、回廊の下も砂地が露出しているので、ちょっと趣が無い?

厳島神社を出ると、すぐに「大願寺」がある。
ここには弁才天が祀られ、日本三大弁天の一つだ。
七福神の弁天様は水の神様でもある。

牡蠣と焼きたてのもみじ饅頭を食べて宮島を後にした。

c0087773_19324917.jpg
三日目の宿は広島県の東端「福山市」に取っている。
途中、「尾道」と「鞆の浦」に寄る予定だったが、宮島で意外に時間を食ったので尾道は割愛。

「鞆の浦(とものうら)」周辺は「崖の上のポニョ」のロケ地として有名だという。
その話にはたいして興味を持てなかったが、港町として発展した経緯を知って好奇心を抱いた。
瀬戸内海の中心に位置するこの地は潮の干満の分岐線にあたり、「潮待ち」する船が立ち寄ることで栄えたらしい。
人の営みは、元来自然の流れに沿っていたのだ。

鞆港のシンボルの常夜灯(灯台)や歴史を感じる町並みはなかなか良い雰囲気。
沖に見える弁天島には、その名の通り弁天様が祀られている。

鞆の浦を後にし、福山市の中心地のホテルにチェックイン。
串揚げ屋でお腹を満たして、バル風の店でまたしてもワイン。
広島は気軽にワインを楽しめる店が多いように感じた。

----

c0087773_19373788.jpg
四日目 5月6日(土)

とうとう最終日。
晴れ続きだった連休だが、この日のみパッとしない予報。
渋滞も考慮して、早めに山陽道を抜けることにした。

順調に舞若道まで戻ってきたので、舞鶴に寄り道することに。
「赤レンガパーク」と自衛隊の桟橋を見学した。
桟橋に横付けされた艦艇は大迫力で、正直呉の港が霞むほど(笑)
思いつきの割には楽しめた寄り道だった。

後は、車は多めながらも順調に帰宅した。

※※※※

原爆ドームと厳島神社というワールドクラスの観光地をめぐる旅行は、混雑具合も一級品でした。
しかし、さすが世界遺産と思わせる雰囲気を味わうことができて大満足。
日本近辺がキナ臭いタイミングで、なにかと戦争に関するところを回ったのは単なる偶然です…。
by daisuke_youmei | 2017-05-08 19:47 | 旅行 | Comments(2) *
Commented by YAMA at 2017-05-09 08:00 x
広島遠征お疲れさま~
いろいろ見所いっぱいで楽しそう♪

原爆ドームは修学旅行の定番コースですね。
でも、事前学習で満足して?外で遊んでいる
残念な高校生も多いようです(笑)

尾道は残念でした。それにしても駐車料金が
バカになりませんね!
舞鶴は毎年1度は輪行で行きたいです(^^)
Commented by ヨウメイ at 2017-05-09 19:03 x
>YAMAさん
私も高校生のころだったら原爆ドームには興味持たなかったかも・・・。
広島市街地は想像以上に都会だったので、きっと福井の若人には誘惑が多いでしょう(笑)

そうなんですよ。
予算に入れていない駐車料金がかなりかさみました。
そして都会の駐車は車高の低い車じゃないとダメでした・・・。

舞鶴、以前の輪行時はホント一瞬通過しただけなので、じっくり自転車で回りたいです。
今度案内してください~
<< 「荒川」の正体を探るサイクリング。 ページトップ 新緑の三里山ハイキング。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析