Top
極上のフィルムクラストを堪能。 ~三方岩岳・野谷荘司山縦走 白谷左俣滑降~
2017年 04月 25日 *
c0087773_19202036.jpg




2017年4月23日(日) 三方岩岳・野谷荘司山縦走 白谷左俣滑降
メンバー:Obaさん、TKGさん、みっちゃん、kojiさん、ナカオさん、ヨウメイ
使用マテリアル:アルペン(カルフ ストーム)

賞味期限ギリギリ?な白川郷エリアへ行ってきました。
三方岩岳から野谷荘司山へ縦走後、このエリアの主役「白谷左俣」を滑ってきました。
「白谷左俣」の滑降は五年ぶり二度目です。

※※※※

【5:00】大野、【6:30】「道の駅 白川郷」で、それぞれ合流。
「白山白川郷ホワイトロード」の「馬狩料金所」前に駐車。
人気エリアなので、あふれる車を想像していたが、我々以外は一台のみ。

準備を整え、【7:00】出発。
雪が切れぎれなのでスキーを手に持ち、(上流に向かって)右岸を歩く。

まずは「三方岩岳(さんぽういわだけ 1736m)」を目指す。
基本的には夏道上をたどるが、取付き付近は少々ヤブこぎ。
おろしたてのソフトシェルパンツなのであまり汚したくないなぁ。

雪が出てきてからもシール歩行が難儀なので、板を担いで直登。
結局、斜度が緩くなる1250m付近までツボ足で歩いた。
まあ、今後の白山に向けてのボッカ訓練ということで。
(ちなみに当記事は私個人の覚え書きなので、全行程シールで通したのメンバーもいます)

しばらく快適な尾根歩き、背後には北アルプスの山々が見える。
1500m付近からは痩せ尾根になってきたので、アイゼンを装着し再びツボ足で歩く。(写真:上段左)
緩んだ雪ではあるが、蹴り込まなくて済むのでアイゼンを付けたほうが楽だ。

三角点1586.3mから一旦下って、主稜線まで最後のひと頑張り。
岩壁間のコルへ向けてのトラバースはちょっと怖いが、なんとかシールのままクリア。
主稜線上に出るとデッカイ白山がお出迎えしてくれた。
なんどか踏んでいる三方岩岳のピークは、やんわりと巻いて付近を通過するのみ。【11:00】

次は「野谷荘司山(のだにしょうじやま 1797m)」まで縦走する。
白谷側は雪庇が張り出しているので少し西寄りを歩く。
思ったよりもアップダウンがあるが、白山に元気をもらって進む。(写真:中段左)

【12:30】「野谷荘司山」に到着。
白山や御嶽山、乗鞍岳、北アルプスの山々を眺めながらランチタイム。

----

【13:00】滑降開始。
山頂から白谷まではちょうどよい足慣らし。
長かった歩きモードから滑降モードへ気持ちを切り替える。

いよいよメインディッシュの「白谷左俣」へドロップインだ。
雪庇の間から、切り込み隊長のkojiさんが飛び込む。

緊張の1ターン目直後、ものすごい音と共にスラフが流れた。(写真:下段左)
ザラメの表面に薄氷が張った「フィルムクラスト」が崩れる音だ。
音の大きさにびっくりしたが、美しい氷のシャワーにしばし見とれる。

その後、各自ドロップインの儀式を済ませて、白谷の大斜面を楽しむ。
出だしこそ急だが、素直な斜面は滑りやすい。
しかし、調子に乗ると痛い目に遭うので注意…。

動画を撮り合いながら、どんどん滑り降りるとデブリが出てきた。
斜面は荒れ、落石も混じるようになってきたので安全運転モードに切り替え。

大きな堰堤の下で右岸に渡渉。
林道上の切れぎれの雪をつなぎ、最後は少し歩いて無事ゴール。【14:15】
貸し切りの白谷左俣、麓からも我々のシュプールが確認できた


YAMAさんがお休みだったので、私の編集です。【動画】

※※※※

春の白谷はデブリランドのイメージでしたが、面ツルの極上のフィルムクラストを堪能できて最高でした。
パウダーの時期には雪崩が怖いので、やはりこのエリアは春がいいですね~

個人的には、バンクにイメージ通り当て込めて、記憶に残るワンターンを刻むこともできました。(写真:下段右)
テレを初めて以来、ある意味アルペンは妥協の選択でしたが、改めて楽しいと思える一日だったかも。
ちょっとロッカーの入った、軽量なセミファットのアルペン板が欲しいなぁ。なんてね。

by daisuke_youmei | 2017-04-25 19:34 | スキー | Comments(8) *
Commented by みっちゃん at 2017-04-25 20:29 x
日曜日はお疲れさまでした~
ほんとに素晴らしい青空とイイ雪で、行って良かったを痛感しています
これだから山スキーは止められませんね
いつもより滑りが上手くなったような気がしました
(でも動画を見るとそれほどでもない・笑)
ヨウメイさんのバンクシーンはほんとカッコよかったです(^^)

動画編集もありがとうございました
フィルムクラストの崩れる音に「うわぁ」という驚嘆の声
「あ。やべ。」もあるかと思いましたが(笑
所々ナマ音声が入るのはリアルで面白いです

そろそろ終盤ですが最後までよろしくお願いします(^^)
Commented by koji at 2017-04-25 21:45 x
お疲れ様でした。
またもや、いいザラメに出会えましたね。

白谷は、デブリ、痙攣の悪いイメージしかなかったんですが
いやぁ~最高でした。
Tkgさんじゃないけど、このまま良いイメージのまま終わりたいですね。
ザラメの白山に期待です。

また、よろしくお願いします。
Commented by Oba at 2017-04-25 22:16 x
今回の登り&歩きコースは長かったですが
白谷をただ登るだけの単純コースより
色々と味わい深くて良いコースでした。
編集していただいた動画がなかなかいいです。
何度も見て余韻に浸っています。
あと何度ご一緒できるかわかりませんが、
またお付き合いよろしくお願いしま~す。
Commented by ナカオ at 2017-04-26 02:00 x
日曜日はお疲れさまでした~。
動画編集もありがとうございました。
すごく良い感じでリアルに当日の記憶がよみがえって来ました!
皆さんのおかげで経験出来た貴重な一日でした。
急斜面でのヨウメイさんのスピードの乗ったターンが格好良かったです。上手い人はストックワークが似てますね~。
真似したいけど全然出来ないのが残念…。
最高の天気で楽しかったです。
またご一緒宜しくお願いします!
Commented by ヨウメイ at 2017-04-26 21:40 x
>みっちゃん
お疲れ様でした~
想像以上にグッドコンディションでテンション上がっちゃいました!
この想定外が良かったり悪かったり(笑)そこが山スキーの魅力ですね。

ドロップイン後ちらっと斜面を確認、そして思い切ってターン。
このみっちゃんの様子が山スキーの緊張感が伝わってきて良いです。
急斜面の1ターン目まではやっぱりドキドキします!
その後は大きくまわってカッ飛ばしてましたね~。

あの音のデカさはビビリました
ちょっと「あ。やべ。」と思いましたよ。
kojiさんが一番驚いたと思うけど(笑)

さすがにシーズンの終わりが見えてきました。
こちらこそお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2017-04-26 21:43 x
>kojiさん
お疲れ様でした!
あの硬いトラバースは結構ビビリましたが、それを忘れる白谷のコンディションでした~
kojiさんもかなりかっ飛ばしてましたねぇ。
S3くらいのサイズで軽い板が欲しいですよ(笑)
やはりカリカリ意外はロッカーが有効です。

5月の週末もチョコチョコとヤボ用が入ってきました…。
天気の良い日に白山のチャンスがうまく巡ってきてほしいものです。
またお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2017-04-26 21:46 x
>Obaさん
ツアーの良さと滑降の爽快感を合わせもった好ルートでしたね!!
次回白谷を滑るときもまた利用したいです。

いつもは短い動画なので簡単ですが、長くなるとチョイスに悩みます。
YAMAさんの苦労がわかりました~(笑)
Obaさんが撮ってくれた麓からのシュプールが良いシメです!!

今シーズンもあと僅か。
こちらこそよろしくお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2017-04-26 21:50 x
>ナカオさん
お疲れ様でした!
往復の運転もありがとうございました。いろんなおしゃべりで楽しかったです。

それにしても、いろんな要素が盛りだくさんで素晴らしい山行でしたねぇ。
気温が低かったので、登りづらい場所もありましたが、それを補う極上フィルムクラスト!
ナカオさんも気持ちよさそうに滑ってましたよ~。

ストックワーク、実は以前ある人に注意されて一時意識して矯正したんですよ。
(まだ悪い癖が出てしまうことも多いですが…)
ストックワークが良くなると上体が安定してターンの質が上がる気がします。

今年は私もPTAでずいぶん休みを削られそう…。
タイミングがあえばゼヒご一緒しましょう!
チャリンコもね!
<< 新緑の三里山ハイキング。 ページトップ 春の越前甲で山スキー >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析