Top
私のスキー日記。 2月14日
2016年 02月 17日 *
テレマークスキーも三シーズン目。
今までは斜面を滑り降りることができれば満足だったけど、ちょっとカッコ良く滑りたいなと欲が出てきた。
この前の土日はしっかり雨だったので、心置きなく(?)ゲレンデ練習に没頭。
滑りの改造に取り組んでみた。




まずは、テレマーク初年度の動画を。



二年前に自分の道具一式を購入した直後くらいの滑りかな。
悪い部分がわかりやすいので、あえて初期の頃の動画を出してきた。
多少はマシになったとはいえ、約一年後の昨シーズン終盤でも基本的にはこの動きの延長線上の滑りだ。

※※

で、先日参加した「ONE STEP BEYOND」をきっかけに、いろいろ試行錯誤した結果がこれ。



一番大きく変えたのが、テレマーク姿勢の脚の前後差を小さくしたこと。
講師の久我さんを初め、上手な人達は意外と前後差が小さくてコンパクトなポジションだ。

以前の滑りは、びろーんと後ろ足が遅れていて、見るからに荷重が抜けている感じがする。
転倒するときは大概後ろ足がとられてしまうパターンだ。

一方、改造後はそれなりに後ろ足にも乗れているような。
実際滑っている感覚としても、あまり力を使わず楽にターンできるような気がする。
改造の方向性は合っているのかな?

ただ、こうやって滑れるのは今のところ圧雪の緩斜面だけ。
少し急になったり荒れてくると簡単にバランスが崩れる。
そして講習で指摘された内倒が治っていない。
アルペンでも内倒するので、悪いところが出てくるんだね・・・。

でもなんとなく掴みかけてきた。
残りのシーズンいろいろ試してみたい。

※※

おまけ



娘のBOXでのハイスピードムービー。
面白いので、このあとフラットダウンBOXをさせてみたら撃沈。
機嫌が悪くなった・・・。
by daisuke_youmei | 2016-02-17 17:33 | スキー | Comments(2) *
Commented by じゅん at 2016-02-28 21:17 x
先日、テレマークの指導してたという方に教わる機会があったんですけど、「外足が出てくるのはターンの後半から。ターンの始まりから中間点まではアルペンのように揃うと回しやすいんだよ。それと、スッスッと前後するんじゃなくてゆっくりとスーッスーッと動かせると良い。あとは後ろ足をできるだけ浮かさないこと。でもまぁ色んな流派があって人それぞれ言うこと違うんだよね」だそうです(笑)
Commented by ヨウメイ at 2016-02-29 21:06 x
>じゅん君
テレマークがんばってるね!
TAROさんもいるし、指導者に恵まれてるじゃん。
うらやましい。

そうなんだよねぇ。
人によって言うことがバラバラ(笑)
同じことを指していても、表現の仕方が人それぞれというか。
最近はいろんな情報を参考にしつつ、自分なりに考えるしかないんかなと思ってる。
そういうなんでもアリなところがアルペンに対して魅力的なんだけどね。
<< 私のスキー日記。 2月21日 ページトップ ピーカンパウダーの野伏ヶ岳。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析