Top
岐阜サイクリング2 ~木曽三川と背割堤~
2015年 12月 11日 *
c0087773_20233643.jpg




岐阜サイクリング1はこちら

出発前、地図を眺めていたら、ちょっと気になる地形を見つけた。
濃尾平野を流れる「木曽三川」がぶつかる付近に、道一本で大河を分ける細なが~い堤防らしきものがある。
ちょっと調べてみると「背割堤(せわりてい)」と言うらしいが…?

3つの「ねじりまんぽ」を無事発見して、一応今回の目的は達成できたが、走行距離はまだ20kmそこそこ。
わざわざ県外まで来た割にはちょっと走り足りないので、後半にはその「背割堤」を目指すことにした。

----

3つ目の「甲中吹橋梁」をあとにし、「犀川」沿いを走って行く。
途中、「五六川」との合流部分が少しややこしかったが、「墨俣一夜城」が見えてくると、もう「長良川」だ。
「長良大橋」で川を渡り、下流に向かって(以後同じ)左岸の堤防上を走る。
堤防にはサイクリングロードがあると勝手に思い込んでいたが、左岸には一般道しか無い。
それでも交通量は大したことないので、時速30km程度で気持よく走ることができた。
ここに来て、この日初めて汗をかいた…。

新幹線と名神の下をくぐり抜け、県道30号線とぶつかるところで川から離れ、コンビニ休憩。
店内の休憩スペースで、最近はまってるアンマンとコーヒーで一息。
岐阜はミニストップが多いような気がする。

そのまま内陸部を横切り、今度は「木曽川」の右岸を走っていくと、「長良川」左岸との合流点に大きな石碑が建っていた。
木曽三川を完全に分離した、明治の大治水工事「三川分流工事」の完成を記念する「三川分流碑」だ。
この「三川分流工事」こそが、後半の目的である「背割堤」が作られた理由なのだ。
以下のリンク先を見るとわかりやすい。
子供達にもわかる河川事業

※※

石碑からは一本道になり、いよいよ「背割堤」上を走る。
入り口にはゲートがあって一般の自動車は入れないようだ。
ちょうど地元のサイクリストが準備をしていたので、一応自転車走行の可否を確認すると、問題ないとの返事。

舗装された道がまっすぐに伸びている。
少し前の記録をみると未舗装だったようだが、現在は全線舗装されているのでロードバイクで気持ちよく走れる。
未舗装路をMTBで走ったら、それはそれで楽しそうだけど。

「東海大橋」の下をくぐり、しばらく走ると「木曽川滑空場」というグライダーの発着場がある。
グライダーの飛び立つところが見たくてしばらく待つが、なかなか飛び立たないので諦めた。
その他、モーターパラグライダーやラジコン飛行機など、いろんなものが飛んでいた。

下流に近づくと、いよいよ堤防は細くなる。
二本の大河に挟まれた道を走るのは、ちょっと不思議な感覚だ。
わざわざここまで走りに来た価値はあるかも。

水と緑の館」の展望タワーが見えてくると、そろそろ「長良川」と「木曽川」を分ける「背割堤」は終了。
二つの川は離れていき、その間は長島となる。
その代わり「長良川」と「揖斐川」が背中合わせになり、その間も「背割堤」となっている。
河口はまだまだ先だが、関ヶ原まで戻らないといけないので「立田大橋」を折り返し地点とした。

※※

治水神社」を参拝し、今度は「揖斐川」の左岸を遡っていく。
この道は一般道だが、交通量は多くないので気持ちよく走れた。

「福岡大橋」を渡る。
ちょうど「揖斐川」と「津屋川」との合流地点になるので、一気に二つの河川を渡り、「津屋川」の右岸に出る。
ここから先は特にルートを決めていないので、良さそうなところを適当に進んでいく。
「五三川」の合流地点の少し上で「津屋川」左岸に渡り、堤防上の道をどんどん走る。

※※

「津屋川」はどんどん細くなっていく。
堤防の道も車一台分ほどの狭さで、舗装の状態もイマイチ悪い。
たまたま向こうから走ってくるサイクリストを見なかったら、ここを走ろうとは思わなかっただろう。

しかしこの川、ポタポタと走っていると、なんともいえずいい気持ちなのだ。
さっきまでの雄大な大河とはうってかわり、いかにも田舎の小川風で、なにか郷愁を感じるというか…。
私のイメージする「こぶなつーりし かーのかわー」なのだ。

しばらくして気がついたのだが、走っている左岸には堤防があるのだが、右岸にはそれがない。
堤防が無いので水際が曖昧になり、植生もバリエーションに富んでいるし、水鳥の姿も多く見かける。
右岸の高さに合わせて橋が掛けられているので、水面と橋がとても近い。
c0087773_20291645.jpg
そういえば、地元の河川には、大小かかわらずコンクリートの堤防が築かれている。
山岳地帯の谷川は別としてだが、平地を流れる堤防が無い川は思いつかない。
コンクリートの川しか知らないから、この「津屋川」の風景が新鮮に映るのだろうか。

帰宅後調べた所、右岸は養老山地山麓の扇状地の末端となり、洪水時には遊水池の役割を持っているとのこと。
左岸堤防の内側は、いわゆる「輪中」のため、このような構造になっているのだろう。
江戸時代には「三年一穫(三年に一度しか米が収穫できない)」と言われるほどの水害が多い地域だったそうだ。
左岸の堤防はまさに命綱、短い距離の中で沢山の祠を見かけたのは、なにか水害と関連があるのだろうか。

※※

県道213号線とぶつかる辺りに「源氏橋」という源義朝ゆかりの古い橋があった。
ここで川は向きを変え、そのまま遡ると「養老の滝」に辿り着くが、今回はパス。
川を離れ養老町の市街地を突き抜けると県道56号線に出るが、交通量が多いので山際の集落内を走って行く。

「広瀬橋」を渡り、「牧田」の集落内の道を走るが、なんだか歴史を感じる集落だ。
名神の下を抜け、ちょっとした峠を越えたところで「九里半街道」と書かれた看板を見つけた。
やはりこの道はかつての街道だったのだ。
帰宅後調べた所、揖斐川の水運を利用できる街道として、物流に大きく関わっていたらしい。
こういう古い街道を調べて走るのも楽しそうだ。

※※

そうこうしている間に、関ヶ原の駐車地点に到着。
いろんな発見がある盛りだくさんの内容だったが、走行距離自体は100kmに満たない92kmだった。

そろそろスキーの準備をしないといけないが、雪が降る気配が無い。
もうしばらく自転車に乗れるだろうか。
by daisuke_youmei | 2015-12-11 20:31 | 自転車 | Comments(4) *
Commented by YAMA at 2015-12-12 09:47 x
背割堤はまだ走ったことないです。一度行ったみたいですが、
河口へ下ると、他の見所との接続がちょっと??

南宮大社から下ると、車を避けて津屋川堤防を走るのが良いです。
この付近は水門が多いので、昔から洪水対策が急務だったみたい。

どっかで家族と合流するなら、お千代保稲荷がお祭り気分で
面白いです(^^)
お疲れさま~♪



Commented by じゅんいち at 2015-12-12 16:40 x
お久しぶりです。
名前なんね書いてたっけ?と思うくらい久しぶりかも。久しぶりに一気読みさたんですが、ほんとポタリングブログになってますね。こっちは寒さと路面の濡れにへこたれて殆ど乗ってないです。もし鶴来のサイクルトレインくるときがあればご一緒したいなぁ。
Commented by ヨウメイ at 2015-12-13 08:04 x
>YAMAさん
背割堤、ぜひ一度行ってみてください!
でも確かに辺りにはなにも無いんですよね…。

今回いろいろ調べて、久しぶりに「輪中」って言葉を聞きました。
習ったのは小学生だったかな?
当時はなにも思いませんでしたが、福井豪雨を目の当たりにしてから水害に対する認識が変わりました。

お千代保稲荷、YAMAさんたちはいつも立ち寄ってますよね。
あと金華山の方も回ってみたいし…(焼きそばが気になってます)
岐阜も見どころいっぱい有りますね!!
Commented by ヨウメイ at 2015-12-13 08:14 x
>じゅん君
今年はほんと自転車ばっかり。
一人でも思い立ったら行けるから気軽なんです。
山にも行きたい気持ちはあるんだけど、計画立てるのが面倒で…。

鶴来のサイクルトレインも、ルート考えるとたのしそう!
ひょっとしたら某山仲間も春から自転車乗りになるかも!?(現在絶賛プッシュ中)
そしたらサイクリング行きましょう~。
<< 地元ポタリング。 ~大虫から吉... ページトップ 岐阜サイクリング1 「ねじりま... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析