Top
賞味期限間近の野谷荘司山。
2015年 04月 27日 *
c0087773_2034019.jpg




2015年4月26日(日) 「野谷荘司山(のだにしょうじやま 1797.3m)から東谷滑降」 山スキー
メンバー:Obaさん Takaさん kojiさん モッチー ヨウメイ
使用マテリアル:テレマーク(MADSHUS Annum)

気づけば約一ヶ月ぶりの山行です。
Obaさんの計画にご一緒して、3年ぶりに「野谷荘司山」に行ってきました。
各地で残雪豊富な今シーズンですが、雨の影響でドンドン雪解けが進んでいるとのうわさ。
はたして雪はあるのでしょうか~。
モッチーも誘って、アルペン、テレ、スノーボードの混成パーティです。

----

2:00起床、ひさびさの超早起きでさすがに眠い。
3:00鯖江、4:00大野でそれぞれ合流し、6:30に「道の駅白川郷」でObaさんtakaさんと集合。
「トヨタ自然学校」から林道を少し走り、「鶴平新道」の登山口駐車場に車を止めた。
「白谷」を詰めた前回とは違い、今回は「東谷」から「鶴平新道」の尾根を登る。

準備を整え、7:00に出発。
林道を10分ほど歩き、「東谷」に取り付く。
谷筋はまだまだ雪が豊富、シールで歩き出す。
無風で暑く、早起きだからか脚が重い。

谷が右に折れると徐々に斜度が増してくるので、クトーを装着する。
さらに急になる標高1000mを越えた辺りで板を担ぎ、靴アイゼンを装着した。
モッチーもスノーシューからアイゼンに切り替えた。
ObaさんとTakaさんのベテラン二人はシールのまま登る。
そのまま鶴平新道の尾根に乗り上げるまで谷を詰めた。

支尾根と合流すると広い緩やかな尾根になり、涼しい風が吹き抜けて気持ちがいい。
ツボ足でもさほど沈まないので、アイゼンのまま進む。
ようやく体の調子が良くなってきたようだ。
やがて、尾根上に「赤頭山」のピークが現れ、ここは「白谷」側の斜面をトラバースする。
今回は緩んでいたが、雪が硬いと怖い箇所だろう。

トラバースを終えると、今度は反対の「くるみ谷」側に移り、露出した稜線の脇を詰める。
最後に夏道を少し歩くとジャンクションピークに出た。
さらに少しだけ稜線を歩き、11:30「野谷荘司山」山頂に到着。
白山を眺めながらランチタイム。

12:10、滑降開始。
今回は基本的に往路をたどるが、尾根の雪が切れぎれなのでコース取りが難しい。
JPから雪庇の切れ間を狙って「白谷」に入り、「赤頭山」を通過するまで稜線直下をトラバースすることにした。
c0087773_20395117.jpg
40度オーバー?出だしはなかなかの急斜面だ。
雪の嵩が減っているからか、今回の足元がテレマークだからか、前回よりも急に感じる。
緩んだ雪とはいえ、私のテレ技術ではまだまだ余裕のない斜度なので、慎重にクリアした。
高度を下げ過ぎると稜線に戻れないので、スノーボードのモッチーも苦労していた。

尾根に戻ってから「東谷」までは、快適なザラメ斜面。
眼下の「庄川」に飛び込む様なシチュエーションが楽しい。

「東谷」は源頭部をトラバースし、1324の支尾根側からドロップした。
ここがメインの滑走だが、縦溝が多くてなかなか骨の折れる滑走だった。

13:35、無事取付き地点に降りてきた。
あとは林道を駐車地点まで歩いて終了。

kojiさん編集の動画はコチラ

----

さすがに雪深い白川郷もそろそろ賞味期限でしょうか。
近年大人気のエリアですが、出会った人も数人と静かな山を堪能できました。

それにしても、庄川を挟んで「猿ヶ馬場山」の対岸にそびえる「野谷荘司山」ですが、ずいぶん性格の違う山行ですね。
前者は登りも滑りも緩やかで長いロングツアー、後者はガツンと標高差をかせいで一気に滑り降りるツアー。
そして、個人的にはそれぞれテレ向き、アルペン向きなのかなとも思います。
というわけで、今回はアルペンで行った方が楽しかったかも?

計画していただいたObaさんをはじめ、ご一緒したみなさんありがとうございました!
今シーズンのスキーもあと少し。
by daisuke_youmei | 2015-04-27 20:47 | スキー | Comments(6) *
Commented by みっちゃん at 2015-04-28 16:04 x
野谷荘司お疲れ様でした~
ここも稜線上は雪融けが進んでるんですね
でも下の方は雪たっぷりでザラメを楽しまれたようで良かったです
ほんと今年は雪が多いんだか少ないんだか・・

この前の雨飾の時もTakaさんはピーク直下の急登をシールのまま登ってました
こんなとこ登れないといかんよ~って言われた!(笑

2時起きというのは久しくやってないです(笑
でも意外と早い下山だったので、そういう(一気に登って滑る)コースなんだなぁと思いました
40度オーバー・・無理です(^^;

左下のペアルックの二人(笑
シーズンあと僅か、またよろしくお願いします(^^)
Commented by Oba at 2015-04-28 21:48 x
東谷から野谷荘司山、かなり登り応え、滑り応えのあるコースでした。
東谷下部ではデコボコに痛めつけられてもう脚が持ちませんでした。
久しぶりに皆様と一緒できて楽しかったです。
あとシーズンもわずか、最後にもうひとあがきできるかな。
Commented by ヨウメイ at 2015-04-29 20:03 x
>みっちゃん
谷筋はまだまたっぷりなんですが、稜線は結構切れてますね。
雨の影響なんでしょうねぇ。

TakaさんとObaさんのベテランコンビはシールでサクサクと登ってました。
結構しょっぱい所なんですが・・・。さすがです。

野谷荘司はまだ行ってなかったんでしたっけ?
白谷、急なのは最初の一瞬だけ。
今のみっちゃんなら冗談抜きで余裕ですよ。
あのカチカチ小葉谷のほうが3倍は怖いです(笑)
来シーズンの春にはぜひ!

もうちょっと雪を楽しみたいですね♪
よろしくおねがいします!
Commented by ヨウメイ at 2015-04-29 20:06 x
>Obaさん
ご一緒させていただいてありがとうございました!
やはりベテランのObaさんの計画だと安心してついていけます。

東谷、一週間でだいぶ凸凹になったんでしょうね。
私も太ももがパンパンになりました・・・。
ぜひ、もう一回くらいご一緒したいですね!!
Commented by koji at 2015-04-30 20:34 x
白山来たねぇ~!
東面ムリでも、湯ノ谷には行きたいなぁ~。

今回の担ぎで、甚之介まで担ぐ事の自信になりました。
シーズン終わりまで、もうチョット。

真っ青な空の下、気持ちイイ、記憶に残る滑りがしたいね。

Commented by ヨウメイ at 2015-05-02 19:34 x
>kojiさん
ようやく!
二年前の5月1日にはすでに湯ノ谷行ってるんですね。

最後は甚之介までかついで、まったり白山でシメたいですね。
山頂から南竜方面もいいし、水屋尻雪渓の大斜面も捨てがたい・・・。

もうすこし雪を楽しみましょう!!
<< GW鳥取旅行。 ページトップ 2015 ファミリースキーまとめ。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析