Top
想像以上の好展望の山。 ~猿ヶ馬場山 山スキー~
2015年 03月 30日 *
c0087773_207234.jpg




2015年3月28日(土) 「白川郷」から「猿ヶ馬場山(さるがばんばやま 1,875m)」 山スキー
メンバー:YAMAさん Takaさん みっちゃん ヨウメイ
使用マテリアル:テレマーク(MADSHUS Annum)

二年前の2月に挑戦し敗退した「猿ヶ馬場山」にリベンジしてきました。
あのときは想像以上の降雪・積雪で「帰雲山」との鞍部で撤退、記憶に刻まれる極寒の山行でした。

----

【4:30】鯖江集合。
徳光PAでtakaさんをピックアップし、一路「世界遺産・白川郷」へ。

7時前に「せせらぎ駐車場(一日500円・後払い)」に到着。
一応8時からの営業とインフォメーションしているが、ゲートは開き、すでに整理のおじさんがいた。
話を聞くと、早めに開いてることが多く、誰もいなくても駐車枠内にきっちり止めてくれれば問題無いそうだ。
(バスの枠には絶対に止めないでほしいとのこと)
観光客用の駐車場だが、登山者に対しても理解があるのはありがたい。

【7:10】駐車場を出発。
「であい橋」を渡り、合掌造りの家並みの間を歩く。
まだ時間が早いので、ほとんど人は歩いていない。

神社の裏から林道に入る。
ここで想定外の事態、林道がすっかり除雪されていた。
スキーを手に持ち、林道を歩く。
最後のつづら折れを過ぎて、標高640m付近からようやくシール歩行。

浅い沢状の地形を進む。
ラッセルだった前回と違い、締まった雪なのでどんどん高度を稼げる。
標高1050mを過ぎた辺りで「宮谷林道」に出た。

前回は林道終点まで進み、「宮谷」を鞍部まで詰めた。
今回は早々に右手の尾根に取り付く。
稜線上に出ると、広く緩やかな樹林帯が広がっている。

時々地図で方向を確認しながら、気持ちのよいブナの森を進んでいく。
標高1530mの小ピークに、なにかのパラボラアンテナが立っていた。
この辺から視界が開け、以前行った「三方岩岳」や「野谷荘司山」、そこから白山へ至る北方稜線が見渡せる。
そして近年話題のあの斜面も。

そんな荘川対岸の荒々しい斜面に対比して、こちらは優しくなだらかな地形が続く。
「帰雲山」のピークは割愛し、「宮谷」側の斜面をトラバースする。
【11:10】前回の敗退地点の鞍部に到着。

まだまだ先は長い。
急登はほとんど無いが、緩んで重い雪が地味に足に堪える。
やがて植生が変わり、ブナからシラビソ中心の森になった。
シラビソは常緑針葉樹なので見通しが悪い。
稜線も蛇行しているので、こまめに地図を確認しながらルートを取る。

ずいぶん疲れてきた。
目と鼻の先に見えるが、なかなか辿り着かない山頂を目指し、トボトボ登る。
【12:15】ようやく「猿ヶ馬場山」の山頂に到着。

広いなだらかな、取り立てて特徴のない山頂だが、そこからの展望は一級品!
今だに噴煙を上げる「御嶽山」と、その横に「乗鞍岳」、そして「穂高連峰」から「立山・劔岳」まで連なる北アルプスの大パノラマ。
そして振りかえれば、「白山連峰」がドーンと聳えている。
正直地味なイメージのこの山、なぜ三百名山に数えられるのかと思っていたが、山頂に立って納得した。

山頂で簡単な昼食を済ませ、いよいよお楽しみの滑降。
「宮谷」に滑りこむプランも出たが、もう一度「帰雲山」近辺からの展望を楽しみたいので往路をたどる。
先週の快適ザラメから一転、週半ばに降った雪がすっかり腐り、滑りにくい悪雪だったのはご愛嬌。
それでも、先々週の「法恩寺山」の時とは比べ物にならないくらい滑りは楽しめた。

除雪された林道から板を担ぎ、観光客でごった返す白川郷を抜けて、【15:20】無事駐車場に到着。

YAMAさん編集の動画はコチラ

-----

ようやくリベンジを果たせた猿ヶ馬場山。
最高の天気に恵まれて大満足の山行でした。
これで快適ザラメだったら申し分無しですが、多くは求めないでおきましょう(笑)
滑りごたえのあるハードな斜面はありませんが、テレマークに適したとても良いルートでした。
またいずれリピートしたいですね。
by daisuke_youmei | 2015-03-30 20:18 | スキー | Comments(4) *
Commented by YAMA at 2015-03-30 21:14 x
猿ヶ馬場山、楽しかったですね!

最初来たときは、今みたいにネット情報は
なかったので、登山口探しでウロウロ(涙)
雪不足と時間切れで敗退。麓で天ぷら油と薄力粉を
買って山菜天ぷらで宴会をしました(苦笑)

それにしても、なかなか山頂が近づかずヘロヘロ。
山頂からのご褒美がすごかったですね(^^)

ザラメを求めて、またお願いします~
Commented by koji at 2015-03-30 23:04 x
観光客の中を歩くYAMAさんの後ろ姿がシュールです。いい写真です。

動画見ると、斜度が緩くて雪も纏り付くような重そうな雪。大変そう!

と晴天の中、荒島岳の麓で腐りながら働いていた僕は、少しでもマイナスを探すのです。

本当はあの景色、すげぇ~羨ましい。なんて、口が裂けても言いません。

また、よろしくお願いします。
Commented by ヨウメイ at 2015-03-31 17:37 x
>YAMAさん
想像以上にいい山でした♪
なかなかのロングルートでしたが、ご褒美は素晴らしかった~。

確かに、上部より麓の方がわかりにくそうです。
情報が無いと迷いそう!
世界遺産になった今だと、天ぷら宴会してたら通報されそうですね(笑)

今週末の雨でザラメになるかな!?
またお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2015-03-31 17:40 x
>Kojiさん
あの写真はTAKAさんのをお借りしました。
やはりごったがえす観光客の中でスキー装束は違和感ありまくり。

正直なところ雪質はかなり悪い方でしたねぇ(笑)
樹林間が広いのでなんとか滑れましたけど。
これで大日ヶ岳のときみたいな快適ザラメだったら申し訳ないかも!?
それにしても、あまりに天気よかったんで、ひょっとして日曜も?と思いましたが…。
今週末もダメですねぇ。

でも春山シーズンはまだまだこれから。
またお願いします!
<< 栂池スキー2015。 ページトップ 嫁さん孝行!?お気軽大日ヶ岳BC >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析