Top
あえて麓から・・・。 平泉寺から法恩寺山 山スキー
2015年 03月 16日 *
c0087773_18373360.jpg




2015年3月15日(日) 「平泉寺」から「法恩寺山(ほうおんじさん 1356.7m)」 山スキー
メンバー:YAMAさん Takaさん Nakaさん みっちゃん kojiさん MKさん ヨウメイ
使用マテリアル:テレマーク(MADSHUS Annum)

3月にしては異常な降雪、そして週末の天気予報はコロコロ変わる…。
状況がイマイチ不安定なので、なかなか行く機会の無いクラシックルートを歩いてきました。
今回は総勢7名の大所帯です。

-----

ヤキモキしていた天気も、結局は朝から快晴。
先日の降雪で奥越は真冬の景色に逆戻りだ。

【7:00】「平泉寺」に到着。
【7:25】準備を整え、誰もいない境内を抜け、「三宮社」の裏手から尾根に取り付く。

歴史のある登山道なので、かなり掘れて溝状になっている。
そして想像以上に狭く、急だ。
放射冷却で締まった雪上をスリップしないように登る。

【9:00】「三頭山(みつがしらやま)」到着。
スキージャム勝山」の駐車場が真横に見える。
「三頭山」を過ぎると急登は一転、ゆるやかな尾根が伸びている。
風が強いものの、気持よく日が射す尾根をのんびりと歩く。
目指す「法恩寺山」の山頂はまだまだ先だ。

標高850m付近で「林道法恩寺線」を横切り、しばらく歩くと「中ノ平避難小屋」だ。
小屋には帰りに寄ることにして、まずは山頂を目指す。
ここで休むと登るのが嫌になりそうだから…。

スキー場のゲレンデ横の樹林帯を黙々と登る。
時折ゲレンデを流れる音楽とスキー客の歓声が聞こえてくる。
この辺りが一番精神的に堪える核心部だったかもしれない。

【11:30】「法恩寺山」山頂到着。
この山頂、ジャム勝のゲレンデトップからわずか10分なので、沢山のスキーヤー・スノーボーダーで賑わっている。
ザックを背負った山装備の我々は、少々場違いな雰囲気で恥ずかしい。
少し離れたところに雪のテーブルを作り、ランチタイム。

【12:20】ランチ後、準備を整え滑降開始。
すっかり緩みきった雪は滑りにくいことこの上ない。
先日の降雪はすでにパウダーではなく、ただの悪雪だ。
木にぶつからないようゆっくり滑り降り、登りで通過した「中ノ平避難小屋」に立ち寄る。

三角屋根の立派な小屋は、かなりの量の雪を載せている。
入り口かと思っていた部分は、近づいて見ると二階の窓だった。
ここによく来ているYAMAさんをして、ここまでの積雪量は初めてとのこと。
小屋の中で一息入れる。

小屋を後にすると、細かいアップダウンのある緩傾斜の尾根が続き、「三頭山」手前で少し登り返しがある。
ここではウロコ板が活躍したが、アルペンのみんなは大変だったと思う。

しかしテレウロコのメリットもここまで。
ここからは一転して、悪雪の密林スキーにテレマークで来たことを少し後悔した。
ほうほうの体でなんとか平泉寺まで辿り着き、境内は板を担いで歩いた。
【15:30】駐車場に到着。
車を止めさせてもらったお礼を兼ね、みんなでソフトクリームを食べて今回の山行をシメ。

YAMAさん編集の動画はコチラ
-----

今回のルート、いわゆる「白山・越前禅定道」の起点から序盤部分で、ものすごい歴史のあるクラシックルートってことですね。
山スキーのルートとしては、YAMAさん曰く、ここを登りジャム勝方面へ滑り降りるのが定番だったそうです。

リフト利用で気軽に山頂を踏める法恩寺山ですが、麓から登ると、距離にして往復13km、標高差は1000m強となかなかにタフ。
その上、気持よく滑れる部分もあまり無いという、さすがは禅定道というべきか、結構な修行系ルート(笑)

でも、こんな山行もなかなか楽しいもので、やっぱり山スキーも雪山登山の一形態なんだなと改めて思います。
個人的には歩きの多いツアーのためにテレマークを導入したので、この手のルートも望むところ!
ただ、今回はちょっと雪質が悪すぎたか!?

ちなみに法恩寺山からの展望、手軽すぎてありがたみは薄いんだけど、近隣の山々に負けないほど素晴らしい。
大野・勝山をグルっと囲む福井の名峰と、大迫力の白山連峰を望めば、山に興味が無くても雪山の美しさ感じられると思います。
もし登ったことのない人は、ゲレンデスキーのついでに足を伸ばしてみては。
(昨年、3歳だった娘を肩車して登れるくらいですので)
by daisuke_youmei | 2015-03-16 19:10 | スキー | Comments(8) *
Commented by YAMA at 2015-03-16 19:39 x
昨日はありがとうございます!
登りも下りもなかなか手強い尾根でした。
天気が良いので、景色を楽しみながらポタポタ
気持ち良かったです(^^)/

次は雁ヶ原に下ると、昔のツアーコースを味わえて
面白いかも? でも、もう行かない?(笑)

年々日々ヘロヘロですが、またよろしくお願いします~
Commented by ハラヘッ太 at 2015-03-17 10:14 x
最後のひと登りの後ろ姿をみて
急いで山頂へズルしました。
快晴で良かったですね~。
また宜しくお願いします。
Commented by ヨウメイ at 2015-03-17 20:17 x
>YAMAさん
こちらこそありがとうございました!
やはり天気が良いのが一番ですね。
山頂まで晴天がもってくれて良かったです。

もし次行くことがあればそれも面白いかも!?
改めて地図を見ると滑りやすそうな良い斜面をゲレンデにしてるんですよねぇ。
車を置きに行くのが大変ですが、小原の方へ降りるのはどうでしょうかね?
Commented by みっちゃん at 2015-03-17 20:40 x
日曜日はありがとうございました~
なかなかにハードで楽しかったですね
リフト代4,000円とすると自給1,000円のアルバイト
高いのか安いのか?(笑
法恩寺山は一度下から登ってみたかっただけに貴重な一日でした(^^)
またよろしくお願い致します♪
Commented by ヨウメイ at 2015-03-17 20:40 x
>ハラヘッ太さん
やっぱり登るの見えてたんですね(汗)

実は下るときパトロールに声かけられたんですよ。
そっちに出ないでくれって。
下から登って来たって言ったら、他の人がついていくから気をつけて欲しいって。
コースにも入っていないし、見えないようにもなるべく気をつけてたんですが…。

厳密に言うと、コース外とはいえ、中ノ平小屋の上あたりからはスキー場のバウンダリー内になるっぽいんですよねぇ。
だからパトが注意するのも仕方ないと言えば仕方ない…。
完全に外なら強気になれるんですが(笑)
でも強いて言えば、スキー場が歴史のあるルートの一部ってことは一応理解しておいてほしいかも。
通らないと頂上に至れないってことも(遠回りすれば別ですが)

うーん、こういう話はなんとも微妙。
やっぱり今冬の一連の報道では「コース外滑走」と「バックカントリー(山スキー)」はきっちり分けて欲しかったですね。
ゲレンデを滑らない人はみんな悪者扱いになってしまったような。

すいません、つい愚痴りました(笑)
ともかく早く腰良くなるといいですね!
春山一緒にたのしみましょう~。
Commented by ヨウメイ at 2015-03-17 22:00 x
>みっちゃん
こちらこそありがとうございました!
まあ、今回の体験はプライスレスってことにしておきましょう!?

越前禅定道、あまり意識したことなかったんですが、今回でちょっと興味が出てきました。
kojiさんところにも書きましたが、伏拝から小原林道へのルートってどうなんだろう?
一部急で狭い尾根が・・・。

またお願いします!!

Commented by ハラヘッ太 at 2015-03-18 12:48 x
かなり気にしてたので見つけた!って感じです。
コース際をどこの尾根から?くるのか
片道6kmやと4時間位かな?とか色々考えながら
探してました・・。普通の人は気づかんと思います。
ええ天気でしたが、あの雪質では・・・。
行きは良い良い帰りは怖い。
山頂付近はかなりオープンな雰囲気でビックリしました。
パトロールが注意する気配なんて微塵も無かったけど。
無鉄砲に遭難する輩が居るのも事実なんで
パトロールも言わざるを得ないのかも。
あんな景色をリフトで見れるって反則ですね~。
腰はもう大丈夫そうなのでお手柔らかにお願いします。
Commented by ヨウメイ at 2015-03-18 21:27 x
>ハラヘッ太さん
パトロールもほんと一瞬の間に近づいてきたんですよ。
見張るポイントがあるんでしょうね。

腰痛めるとまたやりそうで怖いですよね。
(私も過去二回やってます)
滑る上でも腰のポジションはキモですし!
またお願いします!!
<< 嫁さん孝行!?お気軽大日ヶ岳BC ページトップ アルペンブーツが欲しい。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析