Top
クラシック・スタイルを満喫。 ~夜叉ヶ池から上谷山 スキー縦走~
2015年 01月 27日 *
c0087773_17231513.jpg




2015年1月25日(日) 夜叉ヶ池から上谷山 山スキー
メンバー:YAMAさん Nakaさん みっちゃん kojiさん ヨウメイ
使用マテリアル:テレマーク(MADSHUS Annum)

好天予報の日曜日。
今年は積雪が豊富なので、夜叉ヶ池の近辺(福井・滋賀・岐阜の県境)で楽しんできました。

c0087773_17271636.jpg

-----

5:00 鯖江某所に集合。
今回は5人だが、登り口と下山地点が違うので、二台で旧今庄町へ向かう。
スキーをするために南下するのは不思議な感じだ。
一台を下山地点の橋立周辺に置き、もう一台で広野ダムのトイレ前(除雪最終点)まで行く。

準備を整え、6:30に出発。
まだ辺りは暗いのでヘッドランプを点灯し、林道をシールで進む。

思ったより早く明るくなり、すぐにヘッドランプをしまう。
ほぼ平坦な林道を雑談しながら歩く。
距離にして4.6kmほどあるようだ。
もう少しで夏の駐車場というところで、法面から崩れた雪が完全に道を塞いでいる。
距離にして100mほどだが、シールでは厳しいので、板を担いでツボ足で通過する。

二時間弱でようやく夏の登山口に到着、鳥居はかなり埋まっていた。
ここから幅1mほどの橋で川を渡るのだが、橋の上に積もった雪が不安定で、上を歩けそうもない。
仕方が無いので、ショベルを出し、除雪をしてルートを切り開く。
橋を渡るのに30分ほどかかってしまった。

対岸に渡ると急登が待っていた。
全員クトーを付け、ジグを切りながら慎重に登っていく。
標高900m付近になると斜度も緩んできた。
右手に目指す上谷山が見えてくるが、辿り着けるか心配になるくらい遠くに見える。

正面に、本日一つ目のピークである、「夜叉丸(やしゃまる 1,212m)」が見えて来た。
前夜の雨はこの辺りでは雪だったらしく、数センチの積雪がある。
辺りの木々にも樹氷が付き、ようやく昇ってきた日に照らされ、シャラシャラと鳴っている。

「夜叉丸」を左手から巻いていくと、雪原の様な「夜叉ヶ池」が見えてきた。
数年前の夏に見に来たが、まさか積雪期に来ることになるとは。

「夜叉ヶ池」を左手に見ながら、夏道の稜線までトラバースするが、だんだん雪がカチカチになってきた。
やむなく板を担ぎ、靴にアイゼンを取り付け、念のためピッケルを手にする。
K2のショベル兼ピッケルもたまには役に立つ)
稜線はクラックの入った雪庇なので、福井側をグルっと巻くように「夜叉丸」を目指した。
つま先を蹴りこんでのトラバースは、今回のルートで一番緊張した場所だった。

「夜叉丸」のピークに立つと雰囲気は一転、日に照らされすっかり雪が緩んでいる。
ほんの100mほどの距離でこんなにも雪質に差があるとは。
「夜叉丸」からは、直線距離で500mほど南に位置する「1206mピーク」を目指す。
ひょっとすると、また硬い部分があるかもしれないので、板を担いだまま吊尾根を歩く。
結果的には硬いところは無く、アンチスノープレートの無いアルミアイゼンには盛大に雪ダンゴが付いた。

もう12時を回った。
「1206mピーク」でようやく休憩を取る。
まだまだ先は長いので、みんな簡単なもので昼食を済ませた。
無風でポカポカ陽気、魔法瓶のカフェオレよりもノンアルコールビールが欲いところだ。

次に目指すは「三国岳」。
標高差にして120mほど下り、再び80mほど登る。
みんなはシールのまま滑って行ったが、私だけシールを剥がして滑降。
滑るとあっという間だが意外に気持ちがよかった。

鞍部で再びシールを張り、登る。
今回は「三国岳」のピークは割愛して、北側をショートカットする。
小さな谷を越えるのが厄介だが、kojiさんが弱点を見つけ、難なくクリア出来た。

全員シールを剥がし、鞍部までの標高差230mを一気に滑り降りる。
硬めのベースの上に軽い雪が数センチ積もったコンディション。
油断するとエッジが抜けるが、ターンのたびにスプレーが上がり気持ちがいい。
ただ、音はカリガリなんだけど。
みんなで動画を撮り合いながらまったりクルージング。

鞍部からは最後の登り。
めざす「上谷山」はまだ先だが、ようやく現実的な距離に近づいてきた。
相変わらず無風で、最高の山日和だ。
低山とは言え、厳冬期の稜線で長袖Tシャツで歩けるとは。
さすがに疲れてきたが、素晴らしい風景に癒されながら少しずつ足を進める。
途中、両側が切れ落ちた痩せ尾根を通過するが、雪が柔らかいためスキーのまま通過した。

1168mの「手倉山」の尾根とのジャンクションピーク(JP)に到着。
ここから「上谷山」は指呼の間だ。
振り返ると今まで歩いてきた稜線が見渡せる。

c0087773_1725364.jpg

ここまで全く人気が無かったが、JPから「上谷山」までは、スノーシューとワカンのトレースがあった。
「上谷山」の直下のみ硬く締まっていたので、スキーを手に持ちツボ足で慎重に歩く。
ようやく、真っ白な「上谷山 (かみたにやま 1,169.7m)」に到着!
時刻は15時前、まだ日の短い真冬とあって、すでに日は傾きだしている。
薄い雲が日差しを柔らかくし、まるで夕方のような雰囲気だ。(トップ写真)

さあ、あとは下るだけ。
「上谷山」から北西に伸びる尾根は広大でスキー向きだ。
高度が下がるにつれ、硬かった下地も緩んできて、春山のようだった。
スノーシューのトレースはもっと先へと伸びていたが、我々は1082mの分岐から、橋立へ伸びる尾根に入る。
この尾根も上部は幅が広く、クリーミーな雪の上を気持ちよくツリーラン。

だが、高度を下げるに従い、なかなかスキーには厳しい条件になってきた。
尾根幅が狭まり、ヤブも増え、地形図に表せない紛らわしい支尾根も多くてルート取りも苦労する。
なによりグサグサの重い雪になり、疲労した脚ではまともにターンもままならないのだ。
最後には、板を担いで膝までガボリながらツボ足で下った。

17:00、なんとかヘッドランプを出すこと無く、橋立の村外れに出た。
あとは車を回収し、無事山行を終えることが出来た。

YAMAさん編集の動画はコチラ

----

距離にして20km弱(GPSによると22.4kmとのこと)、累積標高差1300mと結構なロングルート。
今回の山行は、まさに「スキーを利用した登山」でしたね。
近年の滑走中心のバックカントリースキーとはまた違う、クラシック・スタイルの山スキー。
もともと滑り手から山に入った私ですが、少しずつ登山経験を積むにつれ、こういったスタイルも楽しめるようになりました。
橋の除雪や、緊張のアイゼン歩行、グザグザ雪のツボ足下山も、振り返ってみると思い出の良いスパイスです。
(現場ではエ~ッて思うんですけどね 笑)

そして、やはりこの手のツアーとテレ&ウロコは相性がいいですね。
前回の取立山パウダーでちょっと凹んだので、今回はアルペンとギリギリまで迷いましたが、テレマークで行って良かった。
斜度も雪質も丁度いい感じでとても楽しめました。
ただ、動画を見るとまだ前足荷重が強い場面があるような…。
まだまだゲレンデ修行を頑張りつつ、難しい斜面が有りそうなときは無理せずアルペンをチョイスしよう。

最後に計画を立てて下さったYAMAさんを初め、ご一緒したみなさん、ありがとうございました!!
by daisuke_youmei | 2015-01-27 17:33 | スキー | Comments(8) *
Commented by YAMA at 2015-01-27 18:31 x
夜叉ヶ池、お疲れさま~
このコース、昔は3月に雪がしまってから行く
コースでしたね。1月は初めてなので心配でしたが、
意外とよく締まってましたね♪

それにしても稜線のクラックは気持ち悪かったです。
靴アイゼンを持って行って正解でした(^^)

スキーの機動力は素晴らしかったですね。あんなに
遠い上谷山が、みるみるうちに近くなりました♪

行きたいところがいっぱい(^^)/
次もよろしくお願いします~
Commented by ヨウメイ at 2015-01-27 21:20 x
>YAMAさん
計画ありがとうございました!
なんだか新しく世界が広がった気がする山行でした。
厳冬期とは思えない穏やかな天気でしたね♪

まさかあそこで靴アイゼンを使うとは!
もし無かったらかなり怖い思いしたでしょうねぇ。

まだまだYAMAさんの引き出し見せていただきたいです!
またお願いいたします!!
Commented by koji at 2015-01-27 22:31 x
お疲れ様でした。更にプラス1kmご苦労さまでした。

アイゼンもピッケルも、大活躍の山行でしたね。(アイゼンが合わなかった時は焦りました。)
今回の山行は、ホントうろこが欲しくなりました。

何気に、ヨウメイさんテレ歴1年とチョットなんですよね。なんか、その上達ぶりすごくない?

そして、今週末もよろしくお願いします。
怪我するギリギリのところまでガンバリますので、飛べるようになりたいです。精進します。
Commented by みっちゃん at 2015-01-28 13:39 x
日曜日はお疲れ様でした~
ロングコースも終日穏やかなお天気で楽しめました
マニアックな周回でかなり面白かったです♪
こんな長丁場を大人数で足並み揃えられるって凄いことだと思うんですよね
(私のスキーの脚前は別として・笑)
やっぱりヨウメイさんがいてくれるとなんか安心感がありますね
頑張って付いていくのでまた計画よろしくお願いしま~す(^^)
Commented by ヨウメイ at 2015-01-28 17:34 x
>kojiさん
お疲れ様でした!!
今年の山スキー初めなのにハードな山行でしたね~。
テレブーツは意外にアスファルトも歩きやすかったですよ。

アイゼン調整の工具あってよかったですね。
私もいつも持ち歩いてる小型ツールで調整できるのかチェックしておこう・・・。

アルペンが滑れる人なら、同じくらい練習すると滑れちゃうと思いますよ~。
どうですか?ウロコテレ。
でもウロコに切り替え簡単なアルペンビンも十分アリだと思いますが。

今週末もよろしくです!
もう大きなものは飛べませんが、小さいのだったら見本みせれるかもしれません!?
Commented by ヨウメイ at 2015-01-28 17:35 x
>みっちゃん
お疲れ様でした!!
やはり天気が良いと山は最高ですね~。
新しいエリアを歩けてとても楽しかったです♪

そうですよねぇ。
YAMAさんはもちろんとして、Nakaさんもタフですよね!
自分があの年齢になった時、とてもあんな元気があると思えないんですが・・・。

次回はみっちゃんの急斜面特訓ですか~!?
だとしたら久々にアルペンで参戦しますよ。
またお願いしますー!!
Commented by akko-kornblume at 2015-02-03 21:02
ようめいさん。

あずちゃんのスキー見ましたよー(^^♪
私よりはるかに上手(笑)
体が柔らかいねー子供は!

我が家も今年は久しぶりにスキーします(^-^;
どれくらい体が覚えてるか(下手なりに)
今から心配だったり楽しみだったりしてます。

Commented by ヨウメイ at 2015-02-04 21:13 x
>矢車姉さん
子供めちゃくちゃ体柔らかいんですよ~。
大人だとヤバイ向きに足が曲がることあってびっくりします(笑)

おお~!いいですねぇ。
自転車と一緒で久しぶりでも大丈夫ですよ!
いつかみんなでスキーもご一緒できたらいいですね。
ぜひbebe家にも・・・。
<< 晴天のお気軽周回ルート。 ~谷... ページトップ 2015娘のスキー記録1 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析