Top
近江八幡で家族キャンプ。
2014年 07月 22日 *
c0087773_2028469.jpg




滋賀県の「休暇村・近江八幡」のキャンプ場へ行ってきました。
メンバーは私たち夫婦・娘・義両親の計5人です。
GWには富士山旅行に行ったので、今年初めての家族キャンプになります。

夏休み入りの直後ということもあり、各地のキャンプ場は予約でいっぱい。
ここのキャンプ場も最後の1サイトをなんとか押さえることができました。

実はこのキャンプ場、オートキャンプ場ではありません。
ここに泊まったっていうネット情報はほとんど得られませんでしたが、想像以上に良いキャンプ場でした。
基本的には常設のレンタルテントがほとんどを占め、一部だけ持ち込み可のフリーサイトとなっています。
駐車場からサイトまでは備え付けの黄色いリヤカーで荷物を運びました。
何度も往復すると汗だくになりますが、これもイベントの一つと割り切って楽しみます。


行きは荷物、帰りは娘を運びます。幸せの黄色いリヤカーだそうです。

テントサイトはウッドデッキなので完全にフラット。
コインシャワーもあるし、休暇村のホテルに行けば大浴場も使えます。
生ゴミも場内にゴミ箱があって処分してもらえるのもうれしいですね。
何よりオートキャンプ場と比べて、利用料はフリーサイトなら半額以下で済みます。

反面、やはり駐車場から離れているので、防寒道具の多くなる秋にはキビシイかな。
ウッドデッキも良し悪しで、あまりに大きなテントははみ出るし、自立式で無いと難しいでしょう。
そして、割り当てられるサイトによってはタープ等を張るスペースがほとんどありません。
スクリーンタープより、ヘキサタープ等を工夫して張るほうが良いかも。
あと、蚊が多いので虫除け必須です。(蚊取り線香は3つ焚きましたが何箇所かやられました)

----

という訳で、いつものキャンプよりは荷物を減らすことを心がけました。

ゴハンは荷物を減らすためにもカセットコンロでBBQ。
基本的な食材は福井のスーパーで買いましたが、地元の直売所で近江牛と野菜を少しだけ追加。
やっぱ夏のキャンプはBEEF&BEERでしょ~。

いつもはこのメンバーの場合、義両親と嫁・娘はダンロップの5人用ツーリングテント、私は一人でモンベルの山岳テントで寝ます。
今回、荷物を減らすためにダンロップ一張りにしたんですが、ツーリングテントの定員いっぱいはなかなか狭い・・・。
娘は4歳ですが、寝相が悪すぎて並の大人よりスペース使うもんで(笑)
やはり二張り体制じゃないと快適に寝れないなぁ。

ちなみに歩いて5分で湖水浴場があります。
我家のキャンプは食って飲んで寝るだけですが、せっかく琵琶湖の湖畔なので娘と泳ぎに行きました。
娘ははしゃいでいましたが、福井の海水浴場と比べると水がきれいとは言えず・・・。
ちょっと顔をつける気になれませんでした。
他所を見て気づく地元の素晴らしさですね。
以前行ったマキノの方は結構キレイだったんで、一口に琵琶湖と言っても場所や時期にもよるのかも?

-----

上にも書いた通り、基本的には常設テントのキャンプ場。
夏休みということもあり団体の子供たちが大勢訪れていました。
今時の子供とは言え、やはり自然の中で遊ぶのは刺激的なんでしょうね。
もちろんウチの娘も楽しんでいるようです。

c0087773_2028409.jpg
















テントと中に敷かれたカラフルなマット、杉の木と赤い浮き輪と太陽、琵琶湖
by daisuke_youmei | 2014-07-22 20:40 | キャンプ | Comments(2) *
Commented by ワリエ at 2014-07-25 14:46 x
どんな場所があたるか不安だったけど、十分楽しめた!!!
チビすけもがんばってくれたし。
ビールもお肉も満足。
絵具を持って行ったのは正解でした。

黄色いリヤカーは到着したとき使い放題だったけど、帰るときの争奪戦にはやられた。。。

またキャンプしたくなった。
Commented by ヨウメイ at 2014-07-25 21:16 x
>ワリエ
心配性だからねぇ。
どんなところかわからないといろいろ不安ですわ。
結果的になかなか良いところでよかった!

キャンプ、いいね。
やっぱ外で食べるご飯と、ビールは美味い。
そして帰ってきてから涼しくて蚊のいないところでご飯を食べれたり、ふかふかのベットで寝れるなんて当たり前のことが幸せに感じれる(笑)
<< 暑さを逃れて沢登り。 ~石谷川~ ページトップ 石水渓で水遊び 。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析