Top
石水渓で水遊び 。
2014年 07月 14日 *
台風一過の7月12日、某イベントの下見に同行させてもらいました。
場所は鈴鹿の「石水渓」近辺。二年ぶりです。



----

まずは「鬼ヶ牙」下部の岩場。
前回は間違って裏側のスラブを登ったが、初めて正規のルートへ。
道路から数分とアプローチは抜群。
ただ、駐車地点が少なく、夏は水遊びの車で溢れるので注意。
右端の簡単なリッジ状のルートと正面のスラブ(右スラブ?)をイベントの下見として登る。
簡単なルートだが、アプローチシューズなのと、染み出しがあるので注意して登った。

その後、一段上がった左のスラブへ。
ここは2ピッチ取れるらしい。
クライミングシューズに履き替える。

1ピッチ目:ヨウメイリード。
右スラブより少し傾斜が強くⅢ~Ⅳ級程度らしい。
終了点直下が核心だが、ダイクがいい感じでホールドになっているのが面白い。
中間支点はリングボルト&ボルト、終了点はボルト×3。

2ピッチ目:M田さんリード
傾斜が強く、Ⅳ~Ⅴ級程度?
出だしが核心で、凹角をステミングで登るらしい。
私は身長があるので凹角で突っ張れず、左手のカンテをスメアで無理やり登った・・・。
その後も傾斜があり、手足が細かい。
中間支点はボルト、終了点は潅木。

今回は「鬼が牙」まで抜けるのは止めて、懸垂で降りた。
50mシングルだと二回に分ける必要有り。
スラブだと思ったよりロープ長が必要だ。

-----

一旦車に戻り、沢装備に着替える。
今回はいつも石谷川を遡行するときの入渓点である大堰堤の下流を下見する。

キャンプ場からキレイに下草の刈られた植林地内の遊歩道を10分ほど歩く。
やがてガードレールを利用した橋が現れ、川を渡ると「白糸の滝」への看板が現れた。
名前のイメージとは裏腹に、かなり水量の多い滝でとても登れそうも無い。
さらに下流には「 三ツ淵」と呼ばれる淵が連続した場所があるようだ。
沢タビに履き替えて、川を数十m下ると「三ツ淵」が現れた。
淵の縁を腰まで水に浸かってヘツって遊ぶ。
水の浮力に助けられながらのボルダー的ムーブで結構楽しい。
「三ツ淵」を過ぎると穏やかな川原になったので引き返す。

次はキャンプ場から「石谷川」の本流である「安楽川」を遡る。
この辺りは「石水渓」と呼ばれ、夏には地元の子供たちの水遊び場になってるようだ。
特に滝があるわけでもないので、沢ハイキング気分でどんどん歩く。
やがて、こちらも「三ツ淵」と呼ばれるポイントに出るが、同じ名前でややこしい。
ここでM田さんたちは飛び込んだり、ウォータースライダーで遊ぶ(いや下見)。
尻が痛そうなので私は撮影のみ。
ここで遡行終了。
車に戻り、着替えて帰路についた。



-----

今回は岩も沢も調査がメインでしたが、みんなが初めてのポイントなのでなかなか楽しめました。
きっとイベント本番も成功するのではないでしょうか~。

ところで、鬼が牙の岩場、ネットで検索すると有志の方がマメに整備されているようです。
とてもありがたいですね。
初心者がスラブやマルチの練習をするのにはいい場所だと思います。
県内にもこんな場所があればいいのに。
by daisuke_youmei | 2014-07-14 20:31 | 沢登り | Comments(0) *
<< 近江八幡で家族キャンプ。 ページトップ いろいろ覚え書き ~6月21日... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析