Top
再び真っ白な雪山へ。 ~薙刀山 山スキー~
2013年 04月 15日 *
c0087773_18523390.jpg




4月13日(土)、八方尾根から唐松岳に山スキーへ行く予定でしたが、季節はずれの寒気でまさかの積雪。
こりゃ、3000mクラスは真冬に逆戻りかも!?
大事をとって石徹白の「薙刀山(なぎなたやま)」へ変更です。

「薙刀山」は、山スキーでメジャーな「野伏ヶ岳」の隣に位置する標高1647mの山。
大勢の人が訪れる野伏ヶ岳に比べて、静かな山頂が楽しめるとのこと。
余裕があればもう一つ北に連なる「日岸山」まで足を伸ばそうかというプランです。

----

メンバーは、YAMAさん、N西さん、M田村さん、みっちゃん、kojiさん、私。

みっちゃんの車に6人が乗り込み、石徹白を目指します。
一番後ろの席ではYAMAさんが荷物に埋もれそう(笑)
朝には天候は回復するとの予報ですが、まだ寒気が居残り、冷たい雨に雪が混じります。
白鳥から桧峠を越え、ウイングヒルズに向かうあたりでは道路が凍結!
でも、この頃にはすっかり天気は回復し、気分も高まります。
神社横の駐車場で準備を整え、いざ出発!!

橋を渡り林道を進みます。
下部は雪が切れぎれ、TLTは着脱がメンドウなので板を背負って歩きました。
今回、雪が積もったらしいので「S3」にしようかギリギリまで迷いましたが、やっぱり軽量な「カルフ+TLT」をチョイス。
この前インビス化したこのセットでは、初の本格的な山スキーデビューになります。

標高にして800mくらいでしょうか?ようやく雪が繋がり出し、スキーでの歩行を始めます。
どうも最近は歩き始め1時間の調子が悪い・・・。
最後尾をぼちぼち歩きました。

途中林道を離れ、尾根を登り切ると一気に視界が開けました。
広大な牧場跡地の雪原が現れ、その奥には野伏ヶ岳がそびえています。
前日からの降雪でリセットされた山々は真っ白に輝いていました。
素晴らしい景色に、足を止めて一本入れます。

ほとんど水平な雪原を気持ちよく歩きます。
右手の奥には三ノ峰や別山もすっきり見えました。
こういうところをウロコ板でうろうろしたら楽しいだろうなぁ。

右のほうに進路を取り、推高谷に沿って進みます。
谷が埋まったところで対岸に渡り、急な尾根を登りました。
15cmほど積もった新雪と旧雪の結合が悪く、ジグをきるとズレやすい。
ツライですが直登気味にルートを取りました。

登り切ると広大な台地状の「薙刀平」に出ました。
これまた素晴らしい景色ですが、薙刀山はまだずいぶん遠くに見えますねぇ。
大木の間をぬうように「薙刀平」を横断、最後の急登をヒイコラ登ります。
あとはしばらくなだらかな尾根を歩くと「薙刀山」に到着!

重い新雪にスピードを奪われ予想以上に時間がかかりました。
さらに奥に位置する「日岸山」はちょっとキビシそう。
ということで、「薙刀山」で雪のテーブルを作ってのんびりランチタイム。
山頂付近はかなり雪が積もったようで、柔らかい雪が50cm以上はあったと思います。

----

ランチのあとはいよいよ滑降です。
とりあえず、日岸山との間の谷に滑りこみました。
斜度は緩いですが、北斜面なので意外に雪質が良く、ショートターンでメロウな滑降を楽しみました。

再び薙刀山に登り返して、次は薙刀平へ滑りこみます。
この斜面がこの日のハイライト。
程よい斜度ですが、日向なのでカナリ重い雪。
ノーマルキャンバーで短目の板なので、スピードを出して一気に大回りで滑り降りました。

薙刀平はシールを貼らないと進みそうに無いので、稜線沿いをトラバースして最低鞍部に合流。
鞍部の小さな雪庇からドロップ、推高谷を横断地点まで滑ります。
ターンのたびに巨大な雪だるまが発生しますが、ここもなかなか楽しめました♪

あとは登りのトレースをたどり、シールで雪原をのんびり横断。
林道は朝よりずいぶんと雪解けが進んでいました。

YAMAさん編集の動画はコチラです。

-----

実は、今回始めての石徹白方面での山スキー。
なぜかタイミングがあわず機会を逃していたのです。
素晴らしいエリアで、たくさんの人が訪れる理由がわかりました。

今度はぜひとも日岸山まで行ってみたいし、小白山の方にも行ってみたいなぁ。
そして、1泊の石徹白周遊ツアーにもチャレンジしたいですね。

最後に、計画していただいたYAMAさんをはじめ、ご一緒したみなさんありがとうございました。

こちらの記録も合わせてご覧ください~。

YAMADAの山スキーワールド
みっちゃんの山日記2
やまもげら
by daisuke_youmei | 2013-04-15 19:29 | スキー | Comments(6) *
Commented by みっちゃん at 2013-04-16 07:39 x
おはようございます(^^)
先日はありがとうございました
そして今回もお助けいただきありがとうございます♪

序盤の調子が悪いとのことですが
私の場合ですと隊列の後方にいると疲れて調子が悪いです
先頭か前から2番目が楽に感じます、どうしてか分かりませんが(笑
序盤は身体の温まり具合とかがあるんでしょうか・・

初石徹白が快晴の日でよかったですね♪
相変わらずの素晴らしい滑りに見とれてしまいました
身長含め何かと差が有り過ぎですがまたご一緒させてくださいね(^^)
Commented by ヨウメイ at 2013-04-16 17:31 x
>みっちゃん
こちらこそ運転を含めありがとうございました!
ちなみにドアの取っ手は癖なんで、気にしないでください~。
自分で運転しててもつかむ時あるくらいなんで(笑)

歩き始めはなぜか足の裏が突っ張って痛いんですよ。
そして、序盤からとばすと、あとあとスタミナがもたなくなります・・・。
人それぞれ、いろんなリズムがあるんでしょうね~。

ほんと最高の天気でした!
あのエリアは視界が悪いときは迷子になりそうで怖いですね。
みっちゃんの滑りもかなりいい感じですよ!
あの重い雪でも、ザラメの時のポジションに近くなってきたように思います。
今シーズンもあとわずか。
もう少し行きたいですね!!
Commented by YAMA at 2013-04-16 18:51 x
ヨウメイさん、おばんですぅ♪
八方は残念でしたが、石徹白も新雪で
リフレッシュして素敵でした♪

去年末にトレランで右太股を痛めて以来、
右太股が細くなって、筋力が半分以下です。
重い雪だとヘロヘロ(泣)

動画でヨウメイさんの滑りを見たあと、
自分の滑りを見るとヨレヨレで愕然....

またお願いします~
Commented by ヨウメイ at 2013-04-16 20:52 x
>YAMAさん
こんばんは!
真っ白でとてもきれいな山々でしたね!
ヘロヘロっておっしゃってますが、全然そんなようには見えませんよ~。
登りも滑りもパワフルですばらしいです!!

重い雪なので、上手く板のセンターに乗れるように気を使いました。
こんな雪だとノーマルキャンバーの板はちょっとシビアですねぇ。
ロッカーの威力を改めて思い知りました。

快適なザラメを滑って今シーズンシメたいですね。
またお願いします!!
Commented by TKC at 2013-04-18 21:52 x
ヨウメイさん、この絵、いいですね~~
今度は野伏岳を一緒に落としましょう!!北東の谷は僕の最も好きな斜面のひとつです!薙刀山裏も雪が軽かったらおもしろいですかね~~?
それより初めてYAMA先生にお会い出来てスゲー緊張しました。握手してもらえばよかった。。。後はYASUHIRO先生に会えたらうれし~な~
Commented by ヨウメイ at 2013-04-19 21:52 x
>TKC
対斜から滑るの見てたよ~。
気持ち良さそうだったね。
雄叫びも聞こえたし(笑)

薙刀山はまったりとしてメロウなラインでした。
パウダーよりもザラメで流したい感じですね~。

水谷ボスとM田さん、そしてYAMAさんが私の尊敬している山の師匠です。
人との出会いに恵まれてありがたいことです!!
<< 真っ白な白山を滑る。 ~白山・... ページトップ スキー工作その2 ~インビス化~ >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析