Top
ロングツアーでの武器 ~Dynafit TLTビンディング~
2013年 03月 24日 *
c0087773_6472353.jpg




ここ数年は「ロシS3+マーカーTOUR F12」をメインに、ゲレパウ用として「K2 PONTOON」の二本体制で楽しんでいました。
特に「S3」の汎用性は素晴らしく、ゲレンデから山スキーまで、多くののシチュエーションで満足感を得ることができます。
しいて不満を挙げれば、滑走性能を重視して選んだ組み合わせのため、重量的には決して軽くないことでしょうか・・・。
でも、県内の里山を3・4時間程度ハイクアップするくらいなら十分許容範囲なのです。

----

「多少滑走性能を犠牲にしても軽いスキーが欲しい」
そんなふうに思ったのは、昨シーズンのシメに行った白山東面台地のことです。
平瀬ゲートから約2時間自転車を漕ぎ、大白川でスキーを履いてからもさらに標高差は1500M。
スタートから白山山頂まで約8時間半、疲労も達成感もハンパ無い山行でした。
「気持ちよく滑り降りるためのスキー」だけでなく、「スピーディな移動のためのスキー」の魅力を知った山行でもありました。
軽いスキーならもっと軽快に春の大きな雪山(私にとっては白山)を楽しめるのでは・・・?
そんな考えを持つのは当然の成り行きでしょう・・・。

ちょうどそんな折、山スキーを新調したH田先輩から旧セットを譲っていただけることになりました!
「KARHUのSTORM」という板に「DynafitのTLTビンディング」を組み合わせたものです。
願ってもいないチャンスで、話を聞いたその日に頂きにいってしまいました(笑)

-----

重量は「S3+TOUR F12」が片側2800gに対し、2200g。
手で持ち比べると、少し軽いかな?程度ですが、実際登ってみると体感重量はまったく違います。
やはり足を上げたとき、ブーツにくっついてくるパーツが無いからなのでしょう。

そして従来の構造では、トゥピースの下に回転軸が来ますが、TLTはブーツの爪先が直接回転軸になります。
このため、キックターン時にはダイレクトに板を操作しているような感覚があり、私はとても好印象でした。
はっきり言って、想像以上に軽快!!多くの人が乗り換える理由がわかります。

板の方は、昔から一度乗ってみたかった「KARHU」で、デザインも渋くてカッコいい。
長さ170cmは普段のチョイスからすると短目ですが、ノーマルキャンバー&テールカットなので長さ以上の安定感。
当然、短い分単純に重量も軽くなります。
おまけにストレートカットのテールだから、シールクリップの収まりのよさに感動しました(笑)
なんとツインチップじゃない板を手にするのは高校生の時の「K2 スコーチャー(懐かしい)」以来!

センター幅は96mmと、軽さを追求するとなるとちょっと太目かもしれません。
でもここ数年、センター95mm以上の板しか乗っていないので、80mm台の板に乗るのは不安かな・・・。
パウダーでは基本的に使いませんが、緩んだザラメだとこれくらいあってもいいでしょう。

けっこう張りのある板なので、最初は戸惑いましたが、ゲレンデで乗り込むうちに踏むポイントがつかめてきました。
正直滑りの楽しさは「S3」にかないませんが、登りと滑りのバランスは、私にとってはちょうど良いかなと思っています。
c0087773_759957.jpg

ともかく、ロングツアーではこのスキーは強力な武器になってくれそうです。
クセを掴むためにゲレンデでは結構滑りましたが、山ではまだワリエと行った大日峠くらい。
本格投入は4月後半の白山の予定です。

------

想像以上に好印象だったTLTビンディングですが、一応私の考えを一言。
あくまで私のスキー歴をもとにした意見なので製品の批判ではありません。

「TLTビンディング」、言わずもがな昨今の山スキー用ビンディングの(少なくとも私の周りでは)トップシェア。
「圧倒的な軽さ」が売りですが、「滑り」をメインとして考えると、今のところまだ選択肢には入りません。
「S3」をTLTに換装するつもりは無く、むしろより丈夫な「バロン」等にしたいくらい。

というのも滑走性能はともかく、イマイチ不透明な開放機能に不安があるからです。
改めてネットで情報を探しても、どうもはっきりしません(詳しい方教えてください!)
ROCK&SNOWの058にも開放機能云々の記述があります。(※下に追記あり)
まあ、本当のところはどうであろうが、自分が20年以上使い続けた従来のシステムの安心感にはかないません。
心配性なので、「大丈夫だろうか?」と考えながらでは思い切って滑れないのです。

今でこそほとんど転びませんが、パークで遊んでいた頃は転ぶことが日常茶飯事でした。
一日で板は何度も外れ、1シーズンで板もビンディングもボロボロでした。
もしビンディングに開放機能が無ければ、今の私の脚はスキーができる状態ではなかったかもしれません・・・。

私のスキー歴で一番ヒドい怪我は左足の内側側副靱帯を損傷し2週間のギブス生活をしたとき。
これは山スキーの時ですが、パウダーで足を取られ転倒、転がりながら立木に板が絡まり脚をネジったようです。
転倒後、木に絡まりついたスキーを外すのに苦労しました。
そのときは何とか下山できましたが、もしビンディングが開放しなかったらどうなっていたのでしょうか・・・。
ちなみに、スノーシューで登っていたのでゲレンデ用のアルペンビンディング使用時の話です。

「ふだんは誤開放せず、危険なときはきっちり開放」
この相反する要素は、やはりビンディングにとって一番大切な機能だと思います。
エクストリームなラインでは下手に外れない方がいいのでしょうが、私の滑る場所では果たしてどうでしょうか。

「山スキーのときはゲレンデの8割の滑りで。ゲレンデの練習でその8割を底上げする。」
上記の怪我以来、これを肝に銘じているつもりです。
まだまだ使い慣れないTLTビンディング、今のところ、さらに一割くらい抑えて滑っておこうと思います。
TLTの魅力を感じ始めた今、メリット・デメリットをちゃんと理解し、適材適所で使い分けたいです。

※追記
ROCK&SNOWの058の記事を書いたライターの方のブログに、記事の補足が載っていました。
テックビンディングのトゥーピースのロックに関する事が書いてあります。
Laboratorismのブログの2012.12.10のエントリーです。
by daisuke_youmei | 2013-03-24 08:04 | 山道具 | Comments(9) *
Commented by YAMA at 2013-03-25 18:27 x
ヨウメイさん、おばんですぅ♪
残雪期や固いバーンではディアミールが良いですね。
脱着も容易で、条件の悪い急斜面や、雪が途切れがちの
林道では助かります(^^)

東面台地、去年はディアミールのバンディットB3Wで
行きました。短いフィッシャーシニオも持ってますが、
ビンディング(ディアミール)とシールがかなり危険な
状態。今年もし行くなら、またバンディットB3Wですね。

残雪期用の軽くて安い板ないかしら? ディナフイットの
マナスル、軽くて良いけど高い! K2のトークバックが
ワンゲルスポーツで39500円...
タナベスポーツだともうちょっと安かったかも??...
往年の名機ケスレーツアーランドーネがコージツで
激安だったけど、ちょっと古すぎ...う~ん
ディアミール、まだ好きなんだけど(苦笑)
Commented by ヨウメイ at 2013-03-26 13:10 x
>YAMAさん
こんちは~!
最近は板以上にビンディング選びが悩ましいです・・・。
登行性能、滑走性能、開放性能、多くの要素が
求められるので無理もないですね。

滑り重視のマーカーやサロモン、軽さ重視ではTLTなどのテックビン
と二極化していますが、ディアミールはその中間ってところでしょうか。
新しいスカウトとかイーグルも、軽量な細い板と組み合わせると
なかなか良さそうな感じもします。
でも、雑誌等にもほとんど話題に出ませんね(笑)
YAMAさんのバンディットB3Wとディアミールのセットはバランスのいい
組み合わせに思います。

ファットスキー全盛期の今、細い板は掘り出し物がありそうですよね。
ディナフイットの板は周りでは見ないですが良さそうです。
確かに高いですが・・・。

こういったギアに頭を悩ますのも山スキーの楽しみかも!?
Commented by Oba at 2013-03-26 18:09 x
最近すっかりTLT派に転向したObaです。
年寄りにはこの軽さは何よりの魅力です。
ここ数年メイン板として使っていた小生のBandit B3WもついにTLTに換装してしまいました。
でも、TLTは軽さ優先で他の使い勝手等にはある程度の割り切りが必要なビンディングですね。
小生も左膝に爆弾抱えている(前十字靱帯損傷)ので、セイフティー解放機構にもいまいち不安があります。
ディアミールは確かに一世を風靡した画期的な山スキービンディングでしたが、今の滑り重視BCスキー派の人にはさっぱり人気無いですね。
白馬のラッピーの店でもディアミールは店頭に全く置いてないです。
まあこれも時代の流れ、栄枯盛衰の感あり、です。

しばらくTLTを使ってみます。また山でも爺におつきあい宜しくです。
Commented by goto at 2013-03-26 22:12 x
ヨウメイさんの考えすごく共感できます。
やっぱり自分が信頼できる道具がなによりすべてですよね

それってすごく大切にしなければならないと私は思います。

そしてそんなヨウメイさんが手に入れ、使用できることとなったTLT
なんか私として、うれしいです。

いろいろ使って、自分なりの結論がでるといいですね。

PS 佐々木大輔 やっぱりかっこいいですね
   なにより山屋って感じがいいですね

Commented by ヨウメイ at 2013-03-27 20:09 x
>Obaさん
おお!YAMAさんと同じBandit B3WもTLT化ですか!
滑り心地がどうなったかまた聞かせてください~。
TLTはおっしゃるとおり、メリット・デメリットを理解したうえで
割り切って使用するものだなと思いました。
でも数字以上に感じる「軽さ」はかなり魅力的で、
知らなければ良かったかも(笑)

滑走性能、登行性能は使用してみて良し悪しは判断できますが、
開放機能は「不測の事態」になってみないと本当の性能が
わからないのが厄介ですね。
そんな部分だからこそ、メーカーがきっちりデメリットも含め、
検証・情報公開してほしいところです。

それにしても、板を含め山スキーギアの進歩ついて行こうと思うと
お金がかかりますね~(笑)
今後とも情報交換も含めて山スキー、是非ご一緒させてください!!
Commented by ヨウメイ at 2013-03-27 20:13 x
>gotoさん
TLT、想像以上に素晴らしいビンディングでした。
gotoさんがどんどん載せかえているのも良くわかります!
でも、雑誌等のメディアが他のメーカーの情報をあまり
取り上げてくれないのが残念なんですよね~。

この前、マーカーのツアーF12のマイナーチェンジしたモデルを
見たのですが、トゥーピース周りはかなり変更されていました。
例の「破損」問題の対策を施してあるのかも。
写真で見るだけだと色が変わったくらいにしか思えないんですが・・・。
やはり山行中のビンの破損は致命的なんで、あの件は気になって
るんですよね。
お金に余裕があれば、S3にもう一回バロンかF12を載せ替え
ようかなと考えています。
それと平行して、TLTも検証&情報収集できたらと思っています。

これからも情報交換等よろしくお願いいたします!!
いろんな最新情報も期待してます~。
Commented by ヨウメイ at 2013-03-27 20:14 x
>gotoさん
長くなったので・・・。

利尻岳滑降、すごかったですよね!
ライダーからガイドに転向して、もう映像では滑りが見れないかと
思っていたのでうれしいかったです。
いつもより抑え気味(に見える)の滑りが、条件の厳しさを物語って
いると感じました。
それにしても、あの登攀にGenius担いでいくとは・・・。
スゴ過ぎ!!
ザイルパートナーの新井場氏の板はなんなんだろ?
福井の山くらいならPONTOON持っていくべきか?なんて思って
しまいました(笑)
そうするとやっぱTLT!?
Commented by goto at 2013-03-27 20:33 x
あの板はベクターグライドの来期の板、アベンチューラです。
ヴェクターのHPにも来期モデル出ているので、もしよければご覧ください。

私も大輔氏が抑えてすべっているのをすごく感じました。
そしてあの条件(雪質、雪の安定性)に合せることができたこと
が今回ななによりすごいと感じました。
やっぱあの人山屋ですね。

さらにジーニアスの担ぎ、安全性の確保の仕方
全てが圧巻でしたね。

私がTLTにしたのは、佐々木大輔氏、EHPのエリック、アトミックライダーになったsageなどハードライダーがTLTを使用しているのを知りゴーダマにTLTをマウントして一年様子見してみました。すると誤開放も問題なくできたこともわかり、すべてTLT化に踏み切りました。
Commented by ヨウメイ at 2013-03-27 21:18 x
>gotoさん
あれがアベンチューラか~。
以前gotoさんのブログに書いてたやつですね。

Jeremy Jonesの「deeper」や「Further」みたいに
自分で登って滑るって映像作品が増えてきましたね。
(ちなみに今期は「icon7」と「Further」を買いました)
これからもこんな「オンサイト滑降」が映像化されたら面白そうです。

TLT関連の情報、これからもよろしくお願いします!
<< スキー工作その1 ~ウロコ板を作る~ ページトップ 春の雪山を満喫! ~三方岩岳~ >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析