Top
世界遺産な山スキー  ~猿ヶ馬場山~
2013年 02月 26日 *
c0087773_20553.jpg




2月24日(日)岐阜県の「猿ヶ馬場山(1875M)」に山スキーに行ってきました。
この猿ヶ馬場山、ふもとはなんと!あの世界遺産の「白川郷」。
総勢9名の大所帯でプチ・トリップ!

----

天気予報に並ぶ雪だるまマークとは裏腹に大して降らなかった福井。
北陸道を北上し、富山県に入るもほとんど積雪はありません。
でも、東海北陸道の長いトンネルを抜けると・・・。
すごい吹雪&積雪!さすが豪雪地帯。

当初予定していた駐車ポイントには止めれなかったので、村営駐車場に駐車。
10分ほど合掌作りの家並みの中を歩き、山に取り付きました。

樹林帯の中の林道を詰めていきます。
前日(?)のトレースがうっすら残ってますが、それでもかなりのラッセル。
全員で交代しながらゆっくりと標高を稼ぎます。

途中で林道を離れ、緩やかな沢状の斜面を登って行きます。
この頃は雪も止み、うっすらと太陽も顔を出しそう。
帰りの滑走に期待が持てるかも!?

沢を登りきると宮谷林道と合流です。
今回は風の強そうな尾根には登らず、宮谷林道を詰めます。
ほぼ標高が横ばいの林道ですが、先頭に立つとラッセルがなかなかキツイ。
ラッセルで汗をかいても、交代すると体が冷えて寒い!
ところどころ側面に雪崩地形があるので注意です。

林道の終了点には地形図には無い堰堤が。
ここで対面に渡り宮谷を詰めます。
宮谷自体は緩やかな傾斜でわりと登りやすいですが、やはり左手からの雪崩に注意。

源頭部の雰囲気が漂ってくると巨木の多い疎林の斜面になってきました。
この辺りになるとゴウゴウと稜線を吹き抜ける強風の音が聞こえてきます。
帰雲山と小ピークの鞍部まで登り、時間もかかったので本日はここまで。
ツリーホールを広げてその中で昼食にしますが、寒い寒い!

-----

凍えてしまいそうなので、早々に昼食を切り上げ滑走することにします。
嫌な感じの雪質なのでピットを掘り積雪のチェック。
ふもと付近の軽い雪とは違い、細かい密に詰まった雪です。
飛雪でウインドスラブが形成されているようです。
風上側だから大丈夫だろうと思っていましたが、帰雲山から北に伸びる尾根の吹き溜まりになるのかも?
テストをすると20cm下でスパッと切れました。

幸い斜度が緩いので、慎重に登って来たトレースを辿ります。
滑ると雪面がバリバリ割れ、気持ち悪い・・・。
もし、もっと斜度があったらちょっとヤバかったかもしれませんね。
改めて風の影響は要注意!!

標高を下げていくとサラサラした雪質になってきましたが、斜度が無さ過ぎて下りラッセル状態。
特に宮谷林道はツライ!
登りでつけたトレース上にはすでに5㎝位雪が積もり先頭を滑ると全然滑らない。
登る時に期待していた緩い沢地形も滑ってみると想像以上に斜度が無くほぼ直滑降。
あとは林道をたどり(わずかな林道のショートカットを楽しみつつ)、登り口に無事下山。

下山してみると、細い路地に溢れる観光客にびっくり!
スキー装備の私たちは相当場違いな雰囲気でした(笑)

----

こうやって文章にすると、登りもラッセルな上に滑りも楽しめないなんて!って思うかもしれませんね。
でもやってる本人は結構楽しんでます(笑)
こんな日にも経験を積んでこそ、先週のような「アタリ」に巡り合えるのではないでしょうか。
何より仲間同士で協力し合うことで生まれる連帯感がいいんですよね。
白川郷をスキーかついで歩くって経験もちょっとしたスパイスで、なかなか味のある山行でした♪

こちらもあわせてご覧ください~。
YAMADAの山スキーワールド
みっちゃんの山日記2
やまもげら
by daisuke_youmei | 2013-02-26 20:19 | スキー | Comments(8) *
Commented by みっちゃん at 2013-02-27 21:25 x
こんばんは(^^)

日曜日はありがとうございました♪
久しぶりにご一緒させていただいてとても楽しかったです
ほんと、皆で協力し合ったこそあそこまで辿り付けたんですよね
その中でもヨウメイさんのラッセルの頑張りは光ってた!
ピットチェックも見てて勉強になりました
また学ぶことの多い山行となり感謝の一日でした♪

おにゅ~のメットもカッコよかったです
スキーもお上手だしちょっと完璧過ぎ!(笑
へっぽこ滑りの私ですがまた機会があればご一緒させてくださいね
よろしくお願いします(^^)
Commented by コージ at 2013-02-27 21:36 x
今回の画像は、大当たり!コレ面白いよ。

ここは、是非、残雪期の晴れた日に登りたい場所ですね。
またの機会に期待しましょう。

では、またね。

兎に角、画像、すごく面白い。
Commented by YAMA at 2013-02-28 06:43 x
おはようさん♪
ラッセルありがとさん♪  「風邪は山で治せ」は、元気な頃の
処方箋でしたね。いまは逆効果(涙)
同じ日に三方岩岳方面は良かったみたい....

白川郷はホントに素敵なところですね。これを維持
するのはかなりの手間暇がかかるでしょうね。

ザラメ時期の天気の良い日に、また来たいです!
Commented by ワリエ at 2013-02-28 09:20 x
なんかやられたって感じの絵というか写真だわ。
次回作も楽しみ。
Commented by ヨウメイ at 2013-02-28 17:37 x
>みっちゃん
こちらこそありがとうございました!
あの重い雪、9人が力を合わせたこそですね~。
私のラッセルなんて、ゲンちゃんからしたら微々たるもんです(笑)
ピットも何度も掘ってるといろんな雪質があってとても面白いですよ。
ぜひ今度やってみてください。

私もまだまだ修行中ですが、ぜひまたご一緒しましょう♪
よろしくお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2013-02-28 17:38 x
>コージさん
白川郷と聞いて、もうこの構図は狙ってました(笑)
kojiさんの担いでる板が良い感じの角度でGOODでした。

晴れた残雪期に白山見に行きたいですね。
ここなら4月でも余裕でいけそう。
またお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2013-02-28 17:42 x
>YAMAさん
こんばんは!
あの日は風邪には厳しい天候でしたね~。
あんな寒い山は初めてでした。
手持ちの防寒具すべて出しました(笑)

>三方岩岳方面は良かったみたい
そうなんですか!
谷向かいってだけでも違うんですね。
雪の読みは難しいです。

こんなときでもないと雪を被った合掌作りの
家は見れなかったと思います~。

そして読図もまだまだと感じた山行でした。
YAMAさんから学ぶことはたくさんありそうです!
またお願いします!!
Commented by ヨウメイ at 2013-02-28 17:43 x
>ワリエ
今回は狙いがばっちりはまったよ。
次回も乞うご期待?
今後一眼持ち出すのは保育園のイベントだけになるかも!?
<< ゆるいスキー。 ページトップ ブログについて考える。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析