Top
「PONTOON」で登る。
2013年 01月 29日 *
c0087773_2156076.jpg




さて、しつこく「PONTOON」の話題が続きます。

スーパーファットの「PONTOON」と、かなり重い部類のビンディング「NAXO nx21」。
この重い組み合わせで本格的に山に登るのはキツそうですが、折角のツアービン、一応シールも用意してみました。
一時流行った、自作のスプリットシールです。

実は先日、先輩に山スキー一式を激安で譲っていただきました。(これに関してはまた後日)
その時、G3製のシールも一緒に頂いたので、今回これを活用してみます。

まあ、スプリットシールと言ったところで、幅が95mm程のシールを真ん中で縦に切っただけ(トップは繋がってます)
テールは丸く切って張り流しです。
週末に間に合わせたかったので、ちょっと手抜きな作りです・・・。
c0087773_21591123.jpg

という訳で、さんざん和泉の新雪を食い散らかした後、シメのデザートとして勝原スキー場跡地を登ってきました。
思いがけない好天で山に誘われたのか、早朝には無かったワカンのトレースがついています。
昼過ぎですが、北向きなのでまだ雪質は生きているようです。

まずは初心者向きだった緩斜面の下部ゲレンデ。
さすがに板+ビンディングで片足3.5kg(S3は2.8kg)はズシッと重さを感じます。
でも、過去に「PONTOON」を背負ってスノーシューで登った時と比べれば全然楽ちん。
ツボ足だと太股までもぐりますが、クルブシ程度しか沈まないのはさすがです。

さて、幅の狭い上部ゲレンデへの連絡路に差し掛かると問題発生。
スリップしてまったく直登できません!
今までここでジグを切った記憶はあまり無いのですが・・・。
やはり、板の浮力に対してシールの面積が足りないのでしょうか?
普段のセンター100mm弱の板とシール自体の面積は大して変わらないはずなんで。
仕方が無いので狭い斜面を何回も何回もキックターンを繰り返しジワジワ登りました。

ようやく上部のゲレンデ跡地に到着。
ここまで来ると前日の嵐がウソのような青空が広がります。
早く登らないと折角の雪が腐っちゃう!
でも、ここに来て再びトラブルが・・・。
何度もスリップを繰り返したため、張り流しのテールが剥がれてきたのです。
そのままダマシダマシ登り続けましたが、とうとう完全に剥がれてしまった・・・。
板を背負い、ワカンのトレースを頼ってみるも、ツボ足ではやはり太股ラッセルで前に進みません。

ここまで来たらゲレンデトップから滑りたい!
とりあえず体勢を整え直さなければ・・・。
本で読んでいた知識を総動員してシールの粘着力を回復させます。
エッジで雪を削り落としたり、フトコロに入れて温めてみたり、タオルで水分をぬぐったり・・・。
なんとかかんとか、普段の倍くらいの時間を掛けてゲレンデトップまでたどり着くことが出来ました~。

「PONTOON」でシール登行、やっぱり全幅のシールを使わないとキツイのかな?
ということは140mm幅のシールが必要なんで、ひとまずそれなりの登りへの投入は保留ですね。
重さに関しては意外とイケそうなんですが・・・。

-----

さてさて今回、思いがけずいろんなことが勉強になってしまいました。
私は普段「コールテックス ct40」というグルー(糊)が特殊なシールを使用しているので、良く耳にする粘着面がくっつかなくなるトラブルには遭遇したことがありません。
通常のグルーは濡れるとここまで粘着力が落ちるんだ!とかなり驚きました。
今回はいつでも滑って帰れるのであえて限界まで試しましたが、もし登り返しの必要なルートでシールやスキー&ビンディングにトラブルが生じたら・・・怖いですね。

いろんなトラブルを想定した対処法を身につけておかなければいけないと改めて思い知りました。
もちろん、実戦に即したリペアキット等の準備も必要だし、なによりトラブルが起きないように自分の道具の点検や整備をすることも大切でしょう。

滑るのが上手いだけでも、登るのが早いだけでもダメ。
いろんな要素をバランスよく身に着けないといけません。
そこらへんが山スキー(スノーボード)の魅力なんでしょうね。
常に精進です。


注:勝原スキー場跡地、比較的低リスクでいろいろ試すことができますが、あくまで管理されいないエリアです。それなりの意識をもって入られる事をお願いします。
by daisuke_youmei | 2013-01-29 22:06 | 山道具 | Comments(2) *
Commented by takeshi at 2013-01-29 22:36 x
去年、粘着力の低下??の為かシールが、気がついたら1/3まで剥がれてました、、、、悲しいですよね。雪が付いてどうしようもないのでタイラップでガチガチに締めて対応した思い出があります。万が一の対策は必要ですね~~。
スプリットシール、、、懐かしい、、、いい思い出がないですね。
Commented by ヨウメイ at 2013-01-30 20:01 x
>たけちゃん
なんかますますスリップしやすくなったな?と思ったら粘着面が雪だらけ・・・。
登るのに夢中になってると知らない間に進行してるんだよね。
ct40は濡れには強いけど、いざと言う時のためにテールフィックスに改造しようかと思ってます。

そういやスプリットシールで失敗してた人が居たな(笑)
便利そうだけど普及しない理由はやはりグリップ不足なんかな。
<< ヘルメット。 ページトップ 改めて「PONTOON」。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析