Top
山スキー用シェルを考える。
2012年 11月 15日 *
c0087773_2118775.jpg




私が登山を始めるずーと昔の話ですが・・・。
かつてのカッパは「透湿性」なんてものは無く、それを着て歩こうものなら汗でびっしょりになったとか。
で、風対策として別に防水性は無い「ヤッケ(ウインドブレーカー)」なるものを用意したそうな。
そのうちゴアテックスに代表される防水性と透湿性を備えたウェアが登場し、カッパがヤッケの機能も果たすようになった・・・。
これは私がどこかで読んだ話なんですが、大先輩のYAMAさん世代はリアルに体験してきたんでしょうか?

さて、登山ウェアとしては絶滅した「ヤッケ」ですが、数年前から各メーカーから再び発売されるようになってきました。
今はペラペラの極薄ナイロンを使用して「ウインドシェル」や「ウインドジャケット」と呼ばれています。
まさに下に着ているものが透けるくらい薄くて、安いものでも6千円程度から、高いものは2万円近いものまで。
意外と高いので最初はこんなペラペラに金は出せん!と思ってたんですが、試しにセール品のものを買ってみたら・・・。
これが非常に調子イイ!
まさに、かつての昔話と同じく「カッパを着ると蒸れるけど、風だけは防ぎたい」なんて状況にぴったり。
まあ、当時をリアルに知ってる人から言わせれば、ひじょ~に甘っちょろい話なんでしょうが・・・。
丸めれば握りこぶし程度、重さも100g前後。
絶対必要なアイテムでは無いですが、あると快適なモノであることは間違いないでしょう。

-----

さて、長い前置きはこの辺にして、本題は山スキーの話。
個人的にはハイクアップ時にほとんどハードシェルのジャケットを着ません。
理由は単純に「暑くて汗をかく」から。
もちろん透湿性のあるゴアテックスのジャケットですが、運動量が多くて間に合いません。
福井は厳冬期でも気温が高い上、頂上付近の稜線以外は樹林帯が多いからかもしれませんが。

でも雪が降っていたり、樹林帯とはいえ風が強い時はミッドレイヤーのフリースではちょっと心もとない時もあります。
そんな時活躍するのが、上記の「ウィンドシェル」なのです。
程よい耐風性と通気性があり、撥水性も備えているものが多いので、多少の雪ならサラサラと落ちてくれます。
私は夏山以上に有効なアイテムだと思ってます。
そもそもかつての「ヤッケ」が真価を発揮したのは雨の降らない冬山でのことみたい?ですし。

-----

さて、先日私にとって3着目となる「ウインドシェル」を購入しました。
セールで買った1着目のコロンビアで味をしめて、2着目はMontaneの「FEATHERLITE SMOCK」を買いました。
実は20年近い歴史のあるモデルらしいのですが、これがものすごく良くて、山はもちろん街でも一年中大活躍。
三鷹の有名UL系ショップのサイトにコレの詳細なレビューが載ってますが、読むと欲しくなりますよ(笑)
で、新しく手に入れたのは同じくMontaneの「LITE-SPEED JACKET」で、新色の「Kiwi(黄色)」。
「FEATHERLITE SMOCK」をフルジップにしてフードを付け、軽量性は多少犠牲にしつつも機能性を上げたモデルです。

c0087773_21243320.jpg実はこの「LITE-SPEED JACKET」をメインのシェルとして使えないかと考えています。

ハイクアップ時はもちろん、滑走時も含めて基本的には「LITE-SPEED JACKET」で行動。
「防水透湿シェル」は天候が悪化しない限りはザックの中に収納しっぱなしで。
収納のことを考えると「防水透湿シェル」はコンパクトになるレインウェアでもいいのかもしれません。
実際、福井の雪山は3シーズン用のレインウェアで登ってる人多いですし。

春山に関しては、先シーズンから上のスタイルで行動していて、実際かなり快適でした。
福井なら真冬でも、よほどの悪天じゃなければこのスタイルでいけそうな気がするんですよね。



登って、滑って、また登って・・・なんてことが多い山スキー、ハードシェルの出し入れって割と面倒。
個人的に、ザックの外側にジャケットを縛り付けるのが嫌いってのもあるんですが。
ペラペラの「ウインドシェル」なら、着たまま、もしくは脱いでも丸めてポケットに押し込めばOK。
ただでさえ作業が多い「滑り」と「登り」の切り替えがスムーズになるような気がします。
なによりしなやかで動きやすく、温度調整がしやすいレイヤリングは余計な体力の消耗を防いでくれそうです。

-----

でも、現段階では脳内シュミレーションです(笑)
実際試したら「ウインドシェル」じゃやっぱり無理って思うかもしれません。
まあ、どこまで使うかはともかくとして、今の装備に+アルファしてもメリットは多いと思います。
山スキーだけじゃなく、ハイキング、サイクリング、旅行・・・ホントいろいろ使えるんで持っていない人にはぜひおススメです。


(注)
こんなこと書いて、雪山用のハードシェルは必要ないと思う人がもしいたらアレなんで・・・。
ちゃんとした雪山用のウェアは、耐風性能や摩擦などによる耐久性能もレインウェアとは大きく違います。
ましてやペラペラで防水性も無いウインドシェルとは根本的に違うものです。
生地の表面も滑落時に備えて少しでも摩擦が少なくなるような工夫がしてあったりもします。
雪山に入る上での基本は「雪山用のハードシェル」だと思うので、そこらを理解の上で読んで頂けたらと思います。
by daisuke_youmei | 2012-11-15 21:22 | 山道具 | Comments(6) *
Commented by koji at 2012-11-15 22:23 x
カッコイイか?どうか?は別にして、ヤッケは外仕事、建設業界等では
昔も今も、絶対的なアウターですよ。
みんな1000円前後のヤッケで、過酷な気象条件の中、働いています。
また、あの人達はゴム引きのカッパを好んで着るんですよね。

やっぱり、毎日の事なんで体が鍛えられていくんでしょうかね?
Commented by じゅん at 2012-11-16 10:13 x
自分も好きです。今のところ自分の行動範囲、パターンならフリースの上に着たらダウンもいらないです。破れても仕方ないかなと思える金額ってのもいいですよね。余談ですが自分は仕事でゴアのカッパなんですが、汚れたら撥水効かないし、ベチョると透湿性もないしゴアの意味がないなぁって感じです。
Commented by YAMA at 2012-11-17 21:00 x
ヨウメイさん、おばんですぅ♪
雪山を始めた時、赤のダブルヤッケ上下を買いましたが、
ナイロン生地2重でした。それでダブルヤッケと言うみたい(笑)
値段も安く、下は紐で締め、上はかぶり式でした。

古い山道具を整理した時、Berg(ミズノ)のコンパクトヤッケが
出てきました。コンパクトに収納できて便利ですが、色が緑で
かなりダサイ! 昔のものは殆ど単色で安かったです(^^)
まあ、山仕事に使うようなもので、今の山ガールや山ボーイの
お洒落には向かないです(苦笑)
Commented by ヨウメイ at 2012-11-19 21:02 x
>kojiさん
たしかに現場のみなさんはヤッケ着てますね。コン色かエンジ色の。
やっぱそれなりのこだわりがあるんでしょうね。

私は地区の行事(草刈や神社関係)のときはワークマンで買ったカッパを着ます。
一応透湿性があるらしいですが・・・。
でもあの手のウェアってサイズがめちゃくちゃ。
丈と袖を合わせると3Lになってしまうのでダボダボです。
Commented by ヨウメイ at 2012-11-19 21:07 x
>じゅん君
確か槍の時、リフレクターいっぱいついたの着てたよね。
ペラペラだからなんかに引っかかると破れそうであまり高いのは怖くて買えません。
MONTANEは比較的お手ごろ価格だと思いますが?いや高いかな。

そうなんだよね。
結局ゴアだろうがなんだろうが撥水してないとねぇ。
そこらへん意外と知らない人多いけど。
Commented by ヨウメイ at 2012-11-19 21:15 x
>YAMAさん
こんばんは!
やっぱYAMAさんは「ヤッケ」経験者なんですね~。
ダブルヤッケはそういう意味だったんですか。
ヤッケといえば、かぶるタイプのイメージですね。

緑の山ウェアって珍しいです。
確かに以前は単色が多かったですよね。
私が山を始めたときでさえ、まだカッパは上下同色が多かったです。
山のウェアもほんとおしゃれになりましたよね。

それにしてもYAMAさん、自転車のウェア沢山持ってますよね!
毎回違うの着ているような!?
自転車用のウインドブレーカーは山でも使えそう。
<< 雨の雪彦山クライミング。 ページトップ 秋の訪れ。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析