Top
冬の準備 2013
2012年 11月 07日 *
c0087773_20334465.jpg




一ヶ月ほど前にFacebookを始めてみました。
シーズン前にして最近疎遠になりつつあるスキーヤー&スノーボーダーたちの近況が知りたいなと思いまして。
登山に傾倒しだしてからは、めっきり福井のスノーシーンに疎くなってしまった。
山に行ってると各種イベントにはなかなか参加できないけど、どんなことになってるかくらいは知ってはおきたい。
そしてあわよくば、山のほうにもちょっと興味をもってくれれば・・・なんて意図もあったりして(笑)

というわけで、Facebook上で「私のバックカントリーギア」なんてのを半ば一方的に紹介しています。
これからBCを始めたいって人にはちょっとは役に立てるかな~なんて思いながら。
「山」と「スキー・スノーボード」が交わるところはやはりBCでしょうからね。

もちろんシーズンを前にしての自分自身の装備の見直しってのが一番の理由。
毎日、BC用品を引っぱりだしてはアレコレ考えているので、すっかり頭のなかはスキーモード。
となると物欲がムクムクと沸いてくるわけで・・・。

ちょっと整理してみます。
例のごとく長文ですよ。

①シール(クライミングスキン)の新調。
購入後4シーズン目を迎える「コールテックスCT40」
モノ自体はまだまだ十分使えそうなんですが、前の板から引き続き使っているもんで幅が若干狭いんですよ。
狭いまま1シーズンと少し使いましたが、どうも固めの雪でのトラバースでスリップがちな気がするんですよね。
これがエッジ+滑走面がちょっと出ているからなんじゃないかと思うんです。
もちろん私の技術的な問題とモヘア100%ってこともあるのかもしれませんが・・・。
ともかく、スリップしてほしくないところは基本ヤラシイ場所なんで、今の板幅にあわせたシールが欲しい。

c0087773_20352717.jpg候補はまたしても同じ「CT40」
これしか知らないってのもあるんですが、ほとんど不満点が無いんですよ。
グルー面同士の張り合わせ厳禁も「イージースキンセーバー」を使えば気にならない。
シーズンに一度ほど専用グルーを塗り足しますが、耐久性も問題無し。
もちろん定番のBDやG3、話題の「Gecko」なんかも候補にあがりました。
でも、それぞれ長所・短所があるわけで、間違いなくコレって決め手が無くて。
そんなことなら自分的に信頼できる「CT40」でいいのではと。

そんな「CT40」ですが、「Gecko」に話題をさらわれながらも何気にマイナーチェンジしています。
構造を見直すことで、濡れに強くなり、カット面の目止めも不要、毛も抜けにくくなってるようです。
そして、あの特徴的なグルーも改良され、初期粘着性能がアップしているとのこと。
「CT40」ユーザーにはどれもがありがたいバージョンアップです。

今回、エッジを出さずにカットしてみようかと思っています。
もちろん、少しでもシールの面積を稼いでトラバースでのグリップ力を上げるため。
問題があれば、後で再カットすればいいし。

そして、テールの処理ですが、張り流しにしてみようと思っています。
オリジナルのカムロックだとツインチップとはかなり相性がが悪い。
しょっちゅう外れるし、そのまま登っているけど剥がれてくる様子もないんで。
まあ、エンドフリーモデルの方が1500円安いからね。
不具合があるようなら、G3のツインチップコネクターをつけます。

古いシールはスプリットシール化してPONTOONに使うか、パーク用だった細いディナスターで春のツアーセットを作るか・・・。
未定だけど、山スキーでPONTOONはナシかな?の気分。

②ストック(スキーポール)が欲しい。
誰も覚えていないでしょうが、一年前も同じようなことを言ってました。
で、実は候補にあげてたSWIXの「ワン2ワンパフォーマンス」ってモデルを購入したんですよ。
120cmの固定長、一回は山スキーにも持って行きました。
しかし、早くも1月中にゲレンデ内のツリーランで木にぶつけてあっさり折っちゃった・・・。
その後、元々のBDの伸縮式に戻ったワケですが、一度離れて改めてBC向けモデルの良さが解ったんです。

まず、リングから石突きまでの長さの違い。
BD製はこの部分の長さがかなり長いのです。
どちらも大き目のリングをつけるワケですが、ここが短いとストックで漕ぐときリングが雪面に当たってしまうのです。
緩斜面のスケーティングでストックがすっぽ抜けるとリズムが崩れてイライラします。

次にグリップの形状。
BD製の、あの先端の「ヒッカケ(フック)」がやっぱり欲しいのです。
クライミングサポートを操作するのにとても便利だった事に無くなってみて初めて気づきました。
こういった細かい気遣いはさすが登山道具のメーカーですね。

そして、ワンタッチ脱着のパウダーリングはやっぱ微妙です。
一度知らぬ間に落としていまいした。
ゲレンデだったから同じところ滑って奇跡的に見つけたけど。
あの派手なオレンジカラーは探しやすいようになのか?
リングがネジコミ式は絶対です。
c0087773_2037890.jpg
というわけで、使ってるBDの伸縮式も古くなったし(04-05年モデル!)フリックロックが進化した「レーザーカーボン」でも買おうかと思ってた・・・。
でも!名古屋でBDの固定長ポールの「フィックスレングスカーボン」の今年モデルを発見。
このモデル、通販でも取り寄せが多くて、もちろん現物を見た事なんて無かったんですよね。
BD製ってことで、当然上記の条件はすべて満たしています。
さらに、昨シーズンまでのジミ~なデザインから一転、結構好みのカラーリング!
75mm径のフリーライドバスケットもほど良い大きさ(100mm径のパウダーバスケットは個人的にデカすぎ)
グリップ、ストラップ共に旧モデルよりずいぶん良くなってる。
肝心のスイングバランスはリングが付いてない状態だから良くわからんけど、まあ、気に入っちゃったわけです。
改めて伸縮式を使って「伸ばせる」ことはやっぱり便利だって再認識していたんだけど、もう一回固定長を試したくなる出来でした。
その場で買って帰りたいくらいだったんだけど、バスなので諦めて、実はシールと共に現在すでに発注済み!
by daisuke_youmei | 2012-11-07 20:38 | 山道具 | Comments(2) *
Commented by koji at 2012-11-07 21:06 x
最後の”バス”で、ズッコケたわ。
Commented by ヨウメイ at 2012-11-07 22:18 x
>kojiさん
一応、車で行く気だったんですよ。
でも高速代+ガソリン代+駐車場代がバスと変わらんのですわ。
栄歩き回ってヘトヘト。
下手な山登りより疲れた・・・。
<< 秋の訪れ。 ページトップ 自分の体に向き合うことも。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析