Top
雨の蠑螺ヶ岳~西方ヶ岳縦走。
2012年 06月 11日 *
c0087773_22162097.jpg




とうとう梅雨入りしてしまいましたね。
本来なら、まだ雪の残る白山にワリエを連れて行きたかったんですが・・・。
週末が近づくにつれ天気予報はどんどん悪化し、前日には降水確率100%。
おそらくガスで何も見えないだろうし、寒いだろうから中止に。
代替案として、敦賀半島にある蠑螺ヶ岳(さざえがだけ 686m)と西方ヶ岳(さいほうがたけ 764m)を縦走することにしました。
メンバーは私とワリエ、そしてモッチーの3人。
もちろん、一日中カッパ覚悟の山行です!

-----

隣り合うこの二つの山ですが、それぞれの登山口は相当離れています。
7kmほどある車道を歩くのはちょっと勘弁なので、今回はバスを利用しました。
常宮神社に車を止めさせてもらい、7:22発のバスに乗り込みます。
ちなみに、1日3便しかないので、実質利用できるのは朝一のこの便のみ。
10分ほどバスに揺られ、浦底のバス停で下車。料金は一律200円のようです。
c0087773_22191823.jpg
しばらく車道を歩き、原子力関係の施設の横を登っていくと蠑螺ヶ岳の登山口が現れました。
さすがにこの天気、3・4台ほどの駐車スペースには一台も止まっていません。
さて、靴紐を結びなおして、いよいよ登山開始です。
急でも緩くもない、程よく歩きやすい樹林帯の道を登って行きます。
相変わらず雨は降り続いていますが、頭上の木々に遮られほとんど気になりません。
雨に濡れ、生き生きと緑に輝く森の中に、鮮やかなカラーのレインウェアが映えます。
c0087773_22203435.jpg
地元の山、日野山と同じくらいの標高の山ですが、あまり急登が無いためか、意外と標高が稼げません。
歩くうち、どんどん蒸し暑くなってきたので、私はカッパを脱いでしまいました。
暖かい季節なら、多少雨に濡れたほうが気持ち良いこともありますよね。
もちろん、速乾性のウェアを身に着けているのが条件ですが・・・。
c0087773_22205614.jpg
やがて「長命水」という水場を過ぎ、さらにしばらく歩くと稜線上にでました。
さすがに遮るものがなくなると、一気に強風と雨が襲ってきます。
再びカッパを着込み、意外とアップダウンのある稜線を歩いていきます。
何度かのピークを越えたのち、ようやく「蠑螺ヶ岳」に到着です。
途中の「一枚岩」の上からは、ガスの切れ間から水島が見えました。
c0087773_22211373.jpg
雨の降り続く頂上に長居しても体が冷えてしまうので、早々に次の西方ヶ岳へ進みましょう。
急な下りで少し標高を下げると、またうっそうとした樹林帯に入ります。
ゴウゴウと唸っていた風がぴたりと収まりました。
あまりにも唐突に静かになったので、逆に不安になるほど・・・。
出会いがしらに熊でも出ないかと、ちょっと大きめに鈴を鳴らしながら歩きます。
c0087773_22213382.jpg
やがて、「カモシカ台」とよばれる小ピークへの分岐が現れ、もちろん寄り道します。
少し下り、結構急な坂道を登りきると、ぱっと視界が開け・・・ませんでした。
辺りはすっかりガスに覆われ、果たしてどんな景色が見られたのか?
鞍部から更に分岐があり、「尼池」という池があるようですが、こちらは藪が酷いので止めておきました。
c0087773_22215289.jpg
分岐点まで戻り、再び西方ヶ岳につながる道を歩きます。
このあたりは、最近整備が入ったようで、登山道脇の笹が刈られていました。
最後の登りをがんばると、突然避難小屋の三角屋根が霧のあいだから現れました。
ようやく西方ヶ岳到着!お昼ゴハンだー!と思いきや、頂上手前に分岐点!?
どうやら三角点が違う場所にあるようです。一応見に行っておきました。
c0087773_22221223.jpg
さて、改めて避難小屋にお邪魔します。
三角形の、昔のテントを大きくしたような形が面白いです。
お世辞にも立派な小屋とは言いがたいですが、この雨の中で乾いた場所に座れるというのはとてもありがたいこと。
というか、この小屋の存在が、今回の雨天ハイキングでこの山を選んだ理由なのです。
蠑螺ヶ岳の方から回ってきたのも、登りの到達点としてこの小屋があるから。
ともかく、感謝しながら利用させていただきました。
小屋でランチ中、この日初めての登山者に出会いました。
狭い小屋内で、初めて出合った人たちと過ごすヒトトキ。
今時、街の生活じゃなかなか体験できないことかもしれませんね。
c0087773_22222990.jpg
あとは常宮まで下って終了なワケですが、今回の山行で個人的に楽しみにしていたことがありました。
この山、登山道のそこかしこに、大小さまざまな花崗岩の岩が転がっているのです(トップの写真)
そいつをボルダリングの真似事しながら歩いたら楽しそうだな~と。
実際は、登山靴だし、雨で岩は濡れているし、登ったはいいけど降りられなくなりそうで(笑)、そうそうは登れません。
でも、手をかけ足をかけ、登り方をいろいろ想像するだけでも楽しいものです。
晩秋のちょっと肌寒い乾いた季節に、フリクションの良いアプローチシューズでも履いて改めて歩いてみたいかも?
西方ヶ岳にある「オウム岩」への基部へは踏み後があったし、「奥の院展望所」の岩にはリングボルトが打ってあった。
かつてクライミングで利用されていたのでしょうか?



-----

以前からやってみたかった、バス利用での蠑螺ヶ岳~西方ヶ岳縦走。
実はこの山に登ること自体は二度目だったりします。
一度目は高校のワンゲル部時代に登りました。
もう16・7年くらい昔のことで、ほとんど記憶にありませんが、「蠑螺ヶ岳」の名前はずっと頭の片隅に残っていました。

再び懐かしの山に登れたこと、岩遊びが結構楽しかったこと、雨天がむしろ気温を下げてくれて快適だったこと。
急遽計画を立てた代替案にしては、予想以上に大成功な山行となったんじゃないかなと思っています。
まだまだこれからな梅雨、今シーズンもう一回位カッパ着て山歩きしてもいいかな?
お付き合いいただいた二人に感謝です!
by daisuke_youmei | 2012-06-11 22:27 | トレッキング | Comments(8) *
Commented by ワリエ at 2012-06-12 09:36 x
今回の山行も楽しかった。
雨と風のおかげで気持ちよく登れた。
緑がいっぱいだったのと、「一枚岩」に立った時の感じが数年前にいった屋久島と似た感じでワクワクしました。

白山に行けなかったのは残念だったけど、新規開拓が出来てよかった。また広がったね。

Commented by みれ at 2012-06-12 09:37 x
ようこそ、敦賀の山へ\(^o^)/
雨でしたか、展望がなく残念でしたね。
みず島はもちろん遠くは丹後半島、白山なども見えるのですが
それはまたの機会に。。。
バスでの登山もいいですね、何となく憧れます(笑)

こちらの山にはなかなか足が向かないかもですが
これからの時期は沢登りなど良い所があるので
また是非いらしてください。
プチ沢遊びができる所もあるので
奥様やお友達とまた夏に涼みに来てくださいな。
Commented by koji at 2012-06-12 20:17 x
動画イケテますよ。
出来れば、上にあがったところで一言『イェイ!』が欲しかったな。

今週、クライミング行った?
予定アレばメールください。 
今週は、いきます。
Commented by ヨウメイ at 2012-06-12 22:01 x
>ワリエ
なかなか楽しかったね!
雨じゃなかったら暑くてへばってたでしょう・・・。
一枚岩のときだけでもガス晴れてくれてよかった。
まあ、残雪の白山はまた来年でもいいし。
野坂岳もいかないと!
Commented by ヨウメイ at 2012-06-12 22:14 x
>みれさん
みれさんのお膝元にお邪魔しましてました!
サザエに辿り着いたとたんガスに巻かれて何も見えなくなってしまいました・・・。
一枚岩から水島が見れたのがせめてもの救いです。

ほんの10分そこそこですが、あのバスが今回の隠し味になったかも。
なにか遠くに来た気分になれましたよ(笑)
みれさんの荒島みたいに自転車でってのも惹かれますが~。

若狭の山、奥越とはまた一味ちがう雰囲気ですね。
まずは、野坂岳と岩篭山は絶対登りたいです。
いい山あったら教えてください。

そう!沢の季節になってきましたね。
今年は嶺南の沢行きたいですよ。
またお邪魔しますね!!
Commented by ヨウメイ at 2012-06-12 22:26 x
>kojiさん
動画、なにげなく撮ってもらったら、以外に面白いかもと。
『イェイ!』は今後の課題です。なんせ「いもけ」なもんで(笑)
もしくはモッチーに任せます!

やっぱり地蔵のオベリスク登っておけばよかったです。
燕の岩は登ると怒られるんですかね?
近いところで、岩篭山のインディアン平原が気になってます。
一緒にどうですか?
Commented by YAMA at 2012-06-14 07:23 x
ヨウメイさん、おはようさん♪
むかしよく行きました。海抜0mから登るので、
意外と登りごたえがありますよね。あらかじめ浦底に
自転車をデポするとサイクリングもできて良いです(^^)
久しぶりに行ってみようかなあ...
Commented by ヨウメイ at 2012-06-14 21:30 x
>YAMAさん
こんばんは!!
海をみながらっていいですね。(今回は雨でしたが・・・)
標高はそれぼどですが、標高差はそこそこあるんですよね~。
自転車利用も惹かれるプランです。沓にちょっとした峠越えもありますし(笑)
ぜひ久々に行かれてみては?
でも、今からは暑いですね(汗)
やっぱ秋かな!?
<< ヤカンのある風景 22 ページトップ もうムシ暑いハイキング。 ~浄... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析