Top
滑り納め! 広大な「白山・東面台地」でスキー。
2012年 05月 03日 *
c0087773_21455392.jpg




近年はGWともなればすっかりスキー熱は冷め、登山シーズンへと気持ちは切り替わっているのですが・・・。
なぜか今年はスキーへのモチベーションを保ったままGWに突入。
と言う訳で、4月29日(日)に白山の東面台地を滑ってきました。
相当なロングルートで心配ですが、超ベテランのYAMAさんObaさんにくっついての挑戦です。

-----

今回は岐阜県側の平瀬から白山・御前峰(2,702m)のピークを狙います。
夏季には車が通れる平瀬~大白川間の林道も、今はまだゲートが閉ざされています。
まだ暗い早朝4:30、ゲート前に車を止め、MTBで大白川を目指します。
この林道区間、距離にして約13km、標高差600mで、当然登りっぱなし。
おまけに普段の山スキー装備10kgに加え、スキーを背負って約17kgの荷物・・・。
おまけに足元はスキーブーツなもんで、なかなかにハードでした。すごくケツが痛い!
c0087773_21465621.jpg
ゆっくり漕いで、約2時間で取り付き部へ到着。
MTBをデポして登り始めますが、最初は雪が無く藪漕ぎ!
急な斜面を攀じ登り、担いだ板に絡みつく枝に難儀しながら30分ほどでようやく雪の上に出ました。

シール登行を始めると、見事なブナ林が広がります。
おそらく、この残雪期にしか人間が入ることはほとんどないのでしょう。
新緑の芽吹きを控えた、エネルギーに満ちた大きな木々の間を歩いていると、とても清々しい気持ちになります。
が・・・、この辺は平坦なため、歩けど歩けど高度が稼げません。
なんせ大白川からでも標高差1500m近くあるので、ちょっと気が遠くなりそうです。

それでも歩き続けると、どんどん風景が変化していきます。
やがて、木々も少なくなり、地形も大きく開けてきました。
あたりは一面の雪原、どうやら東面台地に乗っかったようです。
木の周りに開いた穴、ツリーホールから察するに、まだ相当の積雪がありそう。
正面には目指す御前峰が現れ、右側には肩を並べるように剣ヶ峰が聳えていました。
いつもの石川県側からは意識しませんが、こちらからは見る白山は双耳峰のように感じます。
少しモヤのかかった空模様のため、残念ながら背後に北アルプスの山々は見ることはできませんでした。

-----

もう間近にゴール地点が見えているけど、山のスケールの大きさに距離感がわからなくなります。
しかし高度計は正直。実際はまだまだ先は長い・・・。
地図を見ると、小刻みに急登のある台地の尾根を避け、左手の転法輪谷へ逃げ込みます。
最後にドーンと標高を稼ぐ作戦!?。
この転法輪谷もスケールがデカイ!
カール状に大きくU字型にえぐられていて、まったくデブリがありません。

緩やかな傾斜の谷底を詰めてゆくと、2250m付近でいよいよ最後の急登に差し掛かりました。
一息いれ、とりあえず正面のコルを目指します。
私はここでスキーアイゼンを装着しました。
何度もキックターンを繰り返し、各自のペースで高度を稼ぎます。
ツライ急登ですが、先日の野谷荘司山の白谷上部と比べるとまだ緩やかですね。
c0087773_2153363.jpg
コルに到着すると強い風が吹き抜けました。
ウインドシェルを着込み、最後の雪壁に備えて準備を整えます。
スキー板をザックにくくり付け、念のためブーツにアイゼンを装着し、手にはピッケルを持ちました。
意を決して登りだすと、ザクザクの雪に足を取られ体力を消耗していきます。
さすがに、ここに来て自転車を漕いだダメージがジワジワと効いてきてるな・・・。
フラフラになりながら核心の雪壁を越え、最後の数100mは再びスキーを履きました。
c0087773_21535081.jpg
スタートから8時間半弱、標高差2000mを登り、ようやく見慣れた祠のある御前峰のピークに辿り着きました。

実は、私の山スキーデビューは、7年ほど前に白山なのです。
初の本格的な登山にして初の山スキー。
ゲレンデ用の板とブーツを担ぎ、砂防新道を喘ぎながら登ったものの、頂上直下の急斜面で心が折れてしまいました。
下山後、あの時諦めてしまった事を何度後悔したか。
もちろん、その後夏の白山には何度も登り、残雪期にも登山としてはピークを踏んでいます。
でも、スキーでは今回が初登頂。
正直そうとうヘバりましたが、当時より更にハードなルートで登頂、リベンジを果たせたことをホントうれしく思います。
c0087773_21545351.jpg
休憩もソコソコ、早速シールを剥がし滑走モードに切り替えます。
登る途中には、あの岩の間を滑って・・・などと考えていましたが、実際は体力を使い果たしあまり余裕がありません。
やはり無理せず滑ることにします(笑)
まずは頂上直下の急斜面をショートターンで慎重に、登って来たのとは反対側、御前峰と剣ヶ峰とのコルまで滑ります。
そして、コルからの大斜面が今回のハイライト!
正面に広大に広がる台地に向けて思い切り滑り込みました。
程よく締まった極上のザラメ雪。
気持ちよくスピードが乗り、大きなターンを刻みますが、雨の流れた縦溝には注意!
あっと言う間に平坦な台地まで滑り下りてきちゃいました。
振り返ると、私たちの滑ったトラックが斜面に浮かび上がっていました。
c0087773_21554491.jpg
斜度が緩くなると共に、急速に雪面も緩み、スキーが走らなくなってきます。
後はのんびりと景色を楽しみながら滑り降りました。
ぎりぎりまで滑り、また藪漕ぎが待ってました・・・。
実は、ここでちょっと道迷い。
今回一番の核心部は、実はこの藪漕ぎかも!?

自転車をデポした地点に戻ったら、ゲートまでは快適ダウンヒル。
登りで苦労した道のりも、下りなら楽チンです。
15:30、約11時間の行程を無事完遂し、駐車地点まで戻ってきました。

このルート、正直アプローチの悪さは相当のもの。
でも、そのおかげで晴天のGWにもかかわらず、広大な山域を私たちを含め10人程度で貸切なのです。
体力的には相当消耗しましたが、達成感はとても大きいものでした。
ご一緒させて頂いたYAMAさん、Obaさん、本当にありがとうございました!

YAMAさん編集の動画はコチラ

これにて私のスキーシーズンは終了。
これから徐々に夏山にシフトしていこうと思います。
今シーズン一緒に滑っていただいた皆さん、ありがとうございました。
来シーズンもよろしくお願いいたします!!
by daisuke_youmei | 2012-05-03 22:03 | スキー | Comments(8) *
Commented by YAMA at 2012-05-04 06:20 x
ヨウメイさん、おはようさん♪
東面台地、賞味期間は短いのが難ですが、期待に違わず
素晴らしい所でしたね(^^)   私が撮った動画は被写体が
遠すぎてつまらない。ヨウメイさんの撮り方は面白い♪
おかげで楽しい動画に編集できました。次、私も滑りながら
撮ってみたいです(笑)

またよろしくお願いします~
Commented by ヨウメイ at 2012-05-04 07:26 x
>YAMAさん
おはようございます!!
除雪のタイミングと残雪具合の兼ね合いが難しいですよね。
でも、あれだけアプローチ悪いのにリピーターが多いのは
やはり素晴らしいところだからなんでしょうね~。

動画、やはり引きと寄りの画があると楽しいですね♪
あのデカイスケールの中では引きの画も良いな~。

それにしても、YAMAさんとObaさんのスタミナはスゴイ!
またよろしくお願いします!!
Commented by Oba at 2012-05-04 09:11 x
おかげさまで白山東面の最高のザラメ雪大斜面を楽しむことができました。
あの日は古傷の左肩の調子が悪化していて途中リタイアかも?とかなり弱気でしたが、
皆さんについていってなんとか頂上までたどり着けました。
それにしても用名さんのスピード感溢れる滑降は素晴らしい!!
楽しい動画も撮っていただいて感謝です。
私はもう少しだけしつこくスキーで遊びます。
また来シーズンも年寄りの相手ですがどうかよろしくです。
Commented by koji at 2012-05-04 10:50 x
おう。やっぱりあの広大斜面は気持ちよさそう。
白山の頂上から滑るなんて感動的ですね。

林道の状態はどうでした?
来年こそは、IGNIOの電動自転車買って参加したいなぁ。

白山で山スキーを滑り納め。北陸の山スキーヤーとしては理想的ですね。

5月中には白山、6月中には槍ヶ岳、行きたいです。どうです?
Commented by ヨウメイ at 2012-05-07 19:51 x
>Obaさん
こちらこそ計画立てていただいてありがとうございます!!
私も御前峰の最後の登りでかなりヘバリました。
でも達成感は最高でした!
ホント最高のザラメ雪で気持ちのいい滑降ができました。
ちょっと暴走気味になってしまいましたが・・・。

GW後半の湯ノ谷も無事完遂できたようで。
続けてロングルートこなされて素晴らしいですね!

来シーズンもまたいろいろ教えてください~。
よろしくお願いいたします!
Commented by ヨウメイ at 2012-05-07 19:58 x
>kojiさん
あの何度も通った頂上からドロップするって、ちょっと感激ですね~。
東面台地も広大で素晴らしかったです。

林道は、舗装が若干荒れた部分もありますが、落ちてる石に注意すればそんなに悪くないです。
途中道を横切る流れが2箇所くらいあったかな?
電動自転車の人、二人くらいいましたよ。
一人はマンマIGNIOでした(笑)

白山でシメられて、今シーズンは思い残すことはないです。
かなり充実したシーズンでした。
来シーズンはぜひ一緒に行きましょう!!

白山&槍も行きましょう!
Commented by ryo at 2012-05-07 21:32 x
IGNIO、、、どこかで聞いたことがあると思ったら。。
過去、死ぬほど組んだことありますわ。アライメント精度が悪くて調整が大変ったら大変。。
コスパは最高ですね。

SNOWも一息ですね。そろそろ山、ご一緒しましょう。
Commented by ヨウメイ at 2012-05-07 21:41 x
>ryo
IGNIOの専門家、イター(笑)
お手ごろ価格だけど、IGNIOの電動アシスト付きは59000円くらいするんだよね~。
ちなみに学生時代、バイトしてた自転車屋の業務命令で、出たばかりのヤマハPASの
試乗したけど、電動アシストなかなかスゴイ性能だった。
あれはラク!今はもっと良くなってるんだろうね。

ようやくグリーンシーズン突入です。
ぜひぜひご一緒しましょう~。
白山?それとも槍?
<< 嵐のファミリーキャンプ。 ページトップ 快適ザラメを求めて。 野谷荘司... >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析