Top
冬に向けて。 1
2011年 12月 21日 *
c0087773_22455447.jpg




週間天気予報に雪マークがならんでいますね!
いよいよ県内でもスキー・スノーボードの季節が始りそうです。
適当な写真が無いので、また昔のを再アップです。

さて、先シーズンの終盤にスキー板・ビンディングを新調したので、今シーズンはそのまま継続。
まだまだ使いこなせていないので、もっといろんなことを試して、ノーズの先からテール先まで体の
一部のように使いこなしたいものです。

今シーズンはスキーに関しては大きい買い物は無し。よって新しいものを試すワクワク感も薄い(笑)
という訳で、その他の細かいリニューアルを書き出して、モチベーションを高めてみようかな。
以下、モノズキな方だけ読んでください・・・。

-----

まず、ブーツ関係。
先シーズン前、山スキーの大先輩Oさんから、格安で譲り受けたBDメソッド
ブーツ自体にはなんの問題もなく、まだまだ使用するつもりなのですが、サイズがちょっと小さい。
滑走時には気にならないのですが、歩く時につま先が若干キツク当たるのです。
去年「J1」にてシェル出しをしてもらい、かなり良くなったものの、もうちょっと余裕があればと、
ハーフ大きい27.5cmのインナーブーツを購入しました。
シェルサイズは27cmも27.5cmも共通とのこと。
シェルが一緒なのに、ハーフ違いでどこがどういう風に変えてあるのだろう?と疑問もあるのですが、
メソッドもカタログ落ちし、もうメーカー在庫もラス2とのことだったので、あせって購入。
すでに熱成型し、室内で履いた感じは悪くないですが、実際滑ったり歩いた時どうなるか。
滑走時のフィット感と歩行時の快適性の両立、なかなか難しいですね。
c0087773_22383664.jpg
------

そして、インナーブーツと一緒に購入したのが「アルパインソールブロック」というパーツ。
メソッドには、TLTなどのテックバインディングに対応した「ATソールブロック」が標準で付いています。
これは、いわゆる兼用靴と同じゴムのソールなため、厚みが合わず普通のDIN規格のバインディング
にははまりません。
一方、「アルパインソールブロック」はDIN規格に対応するソールで、ネジで簡単に交換できるのです。
現状、テックバインディングは使用していないので、「ATソールブロック」の必要性はありません。
むしろ、ゲレンデパウダー用のPONTOONは普通のバインディングのため、ゲレンデでは二足のブーツを
履き分けていて面倒でした。
今期からは、ゲレンデも山もメソッド一足でOK。前のサロモンのブーツはようやく引退です。
将来、テックバインディングを使うようになったら、また交換すればいいしね。

-----

次は、まだ手に入れてないのですが、ボーナス(出たら)で購入予定のもの。
アルミ製の軽量アイゼンです。
先シーズンは県内の山でも、クラストした硬い急斜面を登る場面が何度かありました。
ベテランの山スキーヤーのみなさんはシールのまま登ってしまうのですが、私は実は怖かった!
特にいやらしいのがキックターンをする時。
ターンして片足に乗り込むときにスリップしそうで、万が一滑落したら手に持ってるのはストックだし。
シール登行の技術を磨くのももちろん大切なのですが、恐る恐る慎重に登るよりも、アイゼン
つけちゃった方が早いような。
山スキーヤーはシールで登り切るってのにプライドを持っている人が多い気がします。
そんなことでビビッてる私は、山スキーヤーとして失格でしょうか・・・。

まあともかく、保険の意味も込めてアイゼンとピッケルは基本的に携帯するようにしようと思うのです。
手持ちのクロモリのアイゼンでもいいのですが、重いし、ストラップ式なので面倒。
板をザックにくくりつけて、アイゼンを装着してと、ただでさえ手間なので、ワンタッチ式のがほしい。
で、山スキー向けのアルミ製のワンタッチアイゼンを購入しようというわけです。
候補としては、ブラックダイヤモンドのネーベプロ(613g)でもいいかなと思っていたけど、
やはり定番のCAMP「XLC390」の390gって重さをみるとそっちに惹かれちゃいますね。
カタログをみると、新しく10本爪で350gの「ツアー350」ってのもあって、これもよさそう。
テックシステム専用のさらに軽い(290g)「レース290」ってのも出てますね。
重さはもちろん、中央のバーがダイニーマスリングってのがスゴイ。
大丈夫なのか心配になりますが、折りたたむとすごく小さくなるのはかなり魅力的!
でも、上記の通りソールを交換してしまったので、「ツアー350」か「XLC390」かな。
どっちにしても、登山靴に合わせているグリベル「G10ワイド(840g)」の半分以下。
基本的には使わない時の方が多いだろうから、この軽さはやはり魅力的ですね。
c0087773_223020100.jpg
-----

なんか長くなってきたので、続きは明日で・・・。
by daisuke_youmei | 2011-12-21 22:47 | 山道具 | Comments(0) *
<< 冬に向けて。 2 ページトップ 雪ふる夜に。 >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析