Top
ミドリの光に包まれて・・・
2009年 05月 12日 *
c0087773_22583260.jpg




GW中、ワリエと二人で小浜の方まで足をのばしてみました。
目的地は、小浜湾を囲むように突き出した半島にある「久須夜ヶ岳(くすやがたけ)」。
ちょっと変わってて、山頂付近まで延びてる元有料道路「エンゼルライン」の終点がスタート地点です。
つまり下りからスタート。

この日もまた雨模様の天気。頂上付近はものすごい霧。駐車場でホワイトアウトになりそう。
でもこの霧のおかげで思いがけない効果が・・・。

新緑の葉を通過した光が、霧に乱反射。森全体がグリーンの光に包まれてるんです。
なかなか幻想的。天候が悪い中来た甲斐があります。

軽い遊歩道的なものを想像していたんだけど、倒木をくぐったり乗り越えたり。
結局、下りで1時間30分ほどかかりました。

終点は、海辺の断崖に洞門が開いている景勝地。これが大門小門でしょうか。横には白糸の滝があります。でも船着場が。どうやら遊覧船もここに止まるようだね。

さて、休憩もそこそこ登り返します。そう、登り返さないといけないんです。
1時間30分で下ってきたところ。2時間はかかりそう。
軽いハイキング気分だったから、ちょっと憂鬱!?
でも、考えたら完全に海抜0mから600mほど登る訳だから・・・。

ちょっと登りだしてワリエに異変が!
なんだか貧血っぽいそうだ。ヤバイね。
過去に某スノーボードショップで倒れたことがあるから、ちょっとアセリます。
おそらく、濃霧の山道ドライブで酔った上に、下りから始まる山歩きにリズムが崩れたのでしょう。
今回は軽装なんで、口に入れられるものは500mlのお茶しかない。
最悪、遊覧船にワリエだけ乗せてもらうか・・・。

ちょっと休んだら、ゆっくり何とか歩けそう。
落ちてた枝を杖に一歩一歩登ります。下りならまだ良かったんだが。

3時間ほどかかって、駐車場に着いた時はホッとしたね~。思いがけず達成感を味わった・・・。
軽い山歩きのつもりでも、何か食べれる物は持ったほうがいいね!
ちょっと山歩きに慣れてナメてた。反省です。

しかし、このコース、遊覧船で上陸して登り、駐車場に自転車をデポしておいて港まで帰るってプランも出来そうだ。途中下船が可能かどうかは未確認だけど。
by daisuke_youmei | 2009-05-12 00:37 | Comments(2) *
Commented by ワリエ at 2009-05-13 20:46 x
とんだGW最終日でした。

忘れた頃にくる貧血にはびっくりしました(汗)
旦那様には大変迷惑と心配をかけました。

そして枝を捜してくれてありがとう☆

体調管理は大切ですね!!!
山道は寝とくべきでした。。。

このハイキングをしたおかげで、勉強になりました。

登山は登ってから下るほうがいいです。

こりごりです。。。

Commented by ヨウメイ at 2009-05-13 23:31 x
>ワリエ
ちょっとびっくりしたね!
でも無事帰還できてよかったよ。

まあ、結果的に思い出深いハイキングになりました。
すんなり行ってたら、あまり記憶に残らなかったかもね。

これに懲りずに、山歩き楽しみましょう♪
<< トレッキングポール ページトップ タケノコ >>
The Original by Sun&Moon
ASPアクセス解析